コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西面の武士 さいめんのぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西面の武士
さいめんのぶし

平安,鎌倉時代,院の警固にあたった武士。「院の西面」とも称する。後鳥羽上皇のとき新設された。従来からおかれていた北面の武士 (院の北面) とともに,院の警衛に任じ,院の西面に伺候した。武勇にすぐれた畿内近国の武士や,在京御家人のなかから任命されたが,幕府が推薦した関東武士の子弟もいた。これら西面の武士は承久の乱の際,院側の有力な武力となったが,院側の敗北によって廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいめん‐の‐ぶし【西面の武士】

後鳥羽上皇の時、北面の武士に加えて置かれ、院の西に勤務した武士。院中の警固、盗賊の追捕(ついぶ)などに当たった。承久の乱後廃止。西面。にしおもて。→北面の武士

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

西面の武士【さいめんのぶし】

院庁の職員の一つ。後鳥羽上皇の時に置かれた,院の西面に伺候(しこう)する武士。院中の警衛,盗賊の追捕(ついぶ)などを行った。承久の乱後廃止。→北面の武士

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいめんのぶし【西面の武士】

院司の一つで,中世,院の御所の西面に伺候して警固にあたった武士。略して西面ともいう。武勇を好んだ後鳥羽上皇は,白河上皇のとき設けられた〈北面の武士〉に加え,新たに武士の子息などを召し出して西面の武士を創設,上皇直属の武力を強化した。創設の時期は明らかでないが,1205年(元久2)以前らしい。以後,諸記録類に西面の活動として,新日吉社小五月会における流鏑馬(やぶさめ)勤仕,院中での蹴鞠(けまり)奉仕,御幸の供奉等が見えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいめんのぶし【西面の武士】

後鳥羽上皇が院の西面に伺候させた武士。北面の武士とともに院の警備、御幸の護衛、盗賊の追捕などの任にあたった。承久の乱以後廃止。さいめん。にしおもて。にしおもてのぶし。

にしおもてのぶし【西面の武士】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

西面の武士の関連キーワード後鳥羽天皇糟屋有久河野通秀交野八郎加藤光員藤原秀康八田知尚院武者所五条有範加藤氏院政院司承久

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android