西面の武士(読み)さいめんのぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西面の武士
さいめんのぶし

平安,鎌倉時代,院の警固にあたった武士。「院の西面」とも称する。後鳥羽上皇のとき新設された。従来からおかれていた北面の武士 (院の北面) とともに,院の警衛に任じ,院の西面に伺候した。武勇にすぐれた畿内近国の武士や,在京御家人のなかから任命されたが,幕府が推薦した関東武士の子弟もいた。これら西面の武士は承久の乱の際,院側の有力な武力となったが,院側の敗北によって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいめんのぶし【西面の武士】

院司の一つで,中世,院の御所の西面に伺候して警固にあたった武士。略して西面ともいう。武勇を好んだ後鳥羽上皇は,白河上皇のとき設けられた〈北面の武士〉に加え,新たに武士の子息などを召し出して西面の武士を創設,上皇直属の武力を強化した。創設の時期は明らかでないが,1205年(元久2)以前らしい。以後,諸記録類に西面の活動として,新日吉社小五月会における流鏑馬(やぶさめ)勤仕,院中での蹴鞠(けまり)奉仕,御幸の供奉等が見えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいめんのぶし【西面の武士】

後鳥羽上皇が院の西面に伺候させた武士。北面の武士とともに院の警備、御幸の護衛、盗賊の追捕などの任にあたった。承久の乱以後廃止。さいめん。にしおもて。にしおもてのぶし。

にしおもてのぶし【西面の武士】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいめん【西面】 の=武士(ぶし)[=侍(さぶらい)

中世、院の御所の西面に伺候して、警固にあたった武士。後鳥羽院の時に設置され、承久の乱以後廃止された。せいめんのぶし。さいめん。にしおもて。〔譬喩尽(1786)〕

せいめん【西面】 の 武士(ぶし)

にしおもて【西面】 の 武士(ぶし)

中世、後鳥羽院の時に置かれた、院の御所の西面に伺候して、警固にあたった武士。さいめんの武士。にしおもて。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android