視能訓練士(読み)しのうくんれんし(英語表記)orthopticist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視能訓練士
しのうくんれんし
orthopticist

視能訓練士法 (1971年5月 20日公布) によって定められた国家資格で,直接医師の指導・指示のもと,病院診療所において矯正可能な斜視弱視など,視力障害者の視機能回復のための矯正訓練や検査を行い,リハビリテーションにあたる職種をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レーシック関連用語集の解説

視能訓練士

ORT。昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。眼科で医師の指示のもとに視機能検査を行うほ か、斜視や弱視の訓練治療にもたずさわっています。視機能検査とは、視力、視野、屈折、調節、色覚光覚眼圧、眼位、眼球運動瞳孔涙液涙道などの 検査の他に、超音波電気生理学、写真の撮影検査などがあります。

出典 レーシックNETレーシック関連用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視能訓練士
しのうくんれんし

斜視や弱視など両眼視機能に障害のある者に対し、厚生労働大臣の免許を受けて視能訓練士の名称を使い、医師の指示のもとに両眼視機能の回復のための矯正訓練およびこれに必要な検査を行う専門技術者をいう。1971年(昭和46)5月成立の視能訓練士法(法律64号)の規制を受ける。なお、視能訓練士に似た専門技術者として言語聴覚士がある。
 視能訓練士になるためには、視能訓練士国家試験に合格しなければならない。その受験資格は、高校卒業後、厚生労働大臣または文部科学大臣の指定した学校・養成施設で3年以上視能訓練士として必要な知識技能を修得した者、大学または厚生労働省令で定める学校・養成施設で2年以上修業し、かつ所定の課目を修めた者で、厚生労働大臣または文部科学大臣の指定した学校・養成施設で1年以上視能訓練士として必要な知識技能を修得した者、外国で視能訓練士教育を修了し、視能訓練士免許に相当する資格を取得し、かつ厚生労働大臣の認定を受けた者に与えられる。[大島 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視能訓練士の関連情報