コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光覚 コウカク

世界大百科事典 第2版の解説

こうかく【光覚 photic sensation】

光刺激により生じる感覚で,光(ひかり)感覚ともいう。広義には視覚を含める。ヒトの場合には光覚器として目しか持っていないので,光覚と視覚はまったく同じであるが,動物によっては通常の目のほかに,別に光覚器をもっていたり,あるいは目に相当する光覚器がひじょうに未分化なものがある。このような動物では視覚器以外の光覚器で生じる感覚や,未分化な目による感覚は,発達した視覚器による感覚とは異なった,あるいは別種の感覚と考えられるので,これらを狭義には光覚と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうかく【光覚】

動物が、光を感じ、明暗あるいは光のくる方向などを受容すること。光感覚ひかりかんかく。 → 視覚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の光覚の言及

【視覚】より

…光刺激によって生じる感覚で,明暗を感じる感覚を光覚,色を感じる感覚を色覚という。おもな感覚器はである。…

【目∥眼】より

…動物における光刺激を受容する感覚器官をいうが,散在皮膚光覚器のように,形態視ができないものは除く場合がある。目は,体の正中線またはその近くにある中央眼と体の両側方にある側眼に大別される。…

※「光覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光覚の関連キーワードT.ウィルヘルム エンゲルマンエクスナーの法則(光学刺激)シャルパンティエの法則順応(生物学、心理学)目のしくみとはたらきトールボットの法則目の主要な症状視能訓練士色覚異常脈絡膜炎人工網膜目(め)片岡寛光目∥眼適刺激夜盲症検眼鳥目眼科網膜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光覚の関連情報