コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東密 とうみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東密
とうみつ

空海の伝えた密教をいう。この名の起りは真言宗の根本道場である東寺 (京都の教王護国寺 ) にある。東の特徴は,(1) 大日如来を主尊とし,大日如来と釈尊とを別体とする。 (2) 『金剛頂経』よりは『大日経』を重んじる。 (3) 愛染明王法を最も重要な法とする。 (4) 法門相承は両部に通じたものとする。 (5) 神道は両部神道の立場を取る,などである。これに対して最澄の伝えた密教を台密 (たいみつ) と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東密【とうみつ】

広くは真言宗密教台密(たいみつ)に対。空海東寺を根本道場として以来,この名は東寺の密教の略称として使用された。空海から真雅,真然,源仁と伝え,源仁の門下に益信(やくしん),聖宝(しょうほう)が出て,益信の末流から10世紀初めに広沢流,聖宝の末流から小野流が出た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうみつ【東密】

空海の開いた、東寺を本山とする真言密教の称。天台宗の台密に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東密
とうみつ

京都・東寺(とうじ)(教王護国寺)を根本道場とした真言(しんごん)密教(真言宗)。比叡山(ひえいざん)の天台宗の密教を台密(たいみつ)というのに対し、東寺の密教の意味で、主として実修面(事相)から東密という。823年(弘仁14)空海は嵯峨(さが)帝から東寺を給預され、以後、東密は京都、紀州(和歌山県)高野山(こうやさん)に広がった。空海の密教の実修面は実慧(じちえ)・真紹(しんしょう)・宗叡(しゅえい)に、他方は真雅(しんが)・真然(しんぜん)にと伝わり、これらの流れは源仁(げんにん)によって統合された。源仁門下に益信(やくしん)・聖宝(しょうぼう)が出て、益信の法流は宇多(うだ)法皇・寛空(かんくう)・寛朝に伝えられ、寛朝は京都・広沢(ひろさわ)に遍照寺(へんじょうじ)を建立して広沢流の祖となる。これは仁和(にんな)寺系の東密である。聖宝の流れは仁海(にんがい)が京都・小野に曼荼羅寺(まんだらじ)を建立して小野流の祖となる。これは醍醐(だいご)寺系の東密である。これらを野沢(やたく)二流といい、それぞれ六派に分かれたので野沢根本十二流という。その後、小野流に二十派、広沢流に四派が分流したので、鎌倉時代には東密三十六流とよばれた。このほか、高野山には中院流、持明院(じみょういん)流があり、総じて七十余流になった。[宮坂宥勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東密の言及

【真言宗】より

…日本の仏教宗派の一つ。真言陀羅尼(だらに)宗ともいい,また天台系の密教を台密というのに対して東密(東寺の密教)とも呼ばれる。宗祖は空海(弘法大師)。…

【密教】より

…帰国後,空海は独自の教判論を打ち立て,ダイナミックな思想大系をもつ真言密教を完成させた。真言系の密教は,両部不二の思想,つまり物質原理と精神原理の一元化をその特色とし,東密と呼ばれる。東密は,以後,平安末期の覚鑁(かくばん)の教学改革をも経ながら,めざましい発展を示して今日に及んでいる。…

※「東密」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東密の関連キーワード両界曼荼羅大日経疏冀東政権金剛童子別尊雑記大白衣法三宝院流真言密教准胝観音金剛界護国寺遍照寺仁王経覚禅抄図像抄皇慶寛朝本山心覚慈猛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android