コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町組 マチグミ

百科事典マイペディアの解説

町組【ちょうぐみ】

〈まちぐみ〉とも。〈町〉が集まって形成された自治・支配の単位。京都では15世紀後半には両側町の〈町〉が成立。16世紀の天文法華(てんぶんほっけ)の乱後,〈町〉が集まって町組を組織(構成した町々には親(おや)町・枝(えだ)町などの格があった)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちぐみ【町組】

京都において鎌倉時代末期から形成され,応仁・文明の乱後に確立する住民の生活共同体は,〈まち〉ではなく〈ちょう〉であるから,本来〈ちょう〉の連合体も〈まちぐみ〉ではなく,〈ちょうぐみ〉である。町組は上京下京を単位とし,1568年(永禄11)の織田信長の入洛以前にすでに確立している。信長は入洛後,上京,下京の町組に米を強制的に貸与し,その利米を朝廷の経営に充当している。1571年(元亀2)の《上下京御膳方御月賄米寄帳》によると,上京の町組編成は,一条組4町,立売組14町と寄町分29町,中筋組12町,小川組10町,川ヨリ西町21町であり,下京は中組18町,牛寅組15町,川ヨリ西組17町である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まちぐみ【町組】

中世以降、京都などの都市で各町に置かれた自治組織。ちょうぐみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の町組の言及

【町組】より

…京都において鎌倉時代末期から形成され,応仁・文明の乱後に確立する住民の生活共同体は,〈まち〉ではなく〈ちょう〉であるから,本来〈ちょう〉の連合体も〈まちぐみ〉ではなく,〈ちょうぐみ〉である。町組は上京,下京を単位とし,1568年(永禄11)の織田信長の入洛以前にすでに確立している。信長は入洛後,上京,下京の町組に米を強制的に貸与し,その利米を朝廷の経営に充当している。…

【京都[市]】より

…所司代は,幕初の板倉勝重につづいてその子息の板倉重宗が継承し,板倉父子の支配は約半世紀に及び,重宗のあとは牧野親成が就任した。板倉父子および牧野親成の所司代時代に,京都の市中法度が制定され,町共同体と町組の組織も干渉を加えられ,行政機構として整備された。町組は上京12組,下京8組のほか禁裏六町町組と東西両本願寺の寺内町組があり,全町組は町代を通じて奉行所から政令を伝達された。…

【町代】より

…近世京都における江戸幕府町政の末端補助者,またその機構。上京,下京の親町組組のうち1ないし数組を担当して,主として町中への触の伝達,禁中作事の人足割当て,年寄の年頭拝礼江戸下りの随行,将軍・所司代上洛時の出迎え,上使・二条城番衆の宿割,公事日の出仕や町中訴願の取次ぎなどを行ったもの。身分は町人だが,町年寄のように町組自治には参加しない。…

※「町組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

町組の関連キーワード二十四組問屋(にじゅうしくみどんや)郷学(ごうがく)下田(新潟県)大口屋治兵衛大坂屋伊兵衛京都(市)上京[区]曾根原六蔵たけくらべ下京[区]古川太四郎京都町代上京文書十組問屋川端道喜貸本屋六日町弾直樹月行事府内藩