職印(読み)しょくいん

精選版 日本国語大辞典「職印」の解説

しょく‐いん【職印】

〘名〙 職員・公務員などが公務上に用いる官職をあらわす印。
※非訟事件手続法(明治三一年)(1898)四八条「封印には判事の職印を用ゆへし」

しき‐いん【職印】

〘名〙 令制官司の一種である「職(しき)」の公印。大膳職印など。
※日本後紀‐弘仁三年(812)五月丁卯「始賜大膳職印

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android