コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警防団 ケイボウダン

3件 の用語解説(警防団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいぼう‐だん〔ケイバウ‐〕【警防団】

第二次大戦中、地域の消防や防空などのために組織された団体。昭和14年(1939)設立、同22年廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいぼうだん【警防団】

1939年1月,警防団令(勅令)によって新設された,防空と消防のために警防に従事する地域団体。民間の消防組織である消防組と,防空機関として結成されていた防護団を母体として設置された。そのうち防護団は,1932年に東京市の各区で,都市爆撃に備える防空実施機関として設置されたものである。ドイツの住民防衛隊やオーストリアの郷土防衛隊のような自警団体がファシズム運動の一環をになう組織として成長をみたのに対し,日本ではあくまで内務省や軍部の指導による官製の組織として整備されたところに特徴があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいぼうだん【警防団】

戦時体制下、民間の消防や防災・防空のために組織された団体。1939年(昭和14)結成、47年廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の警防団の言及

【消防団】より

…人口の少ない市町村では同一人物が消防組員と防護団員を兼ねる例が多くなり,さらに指揮系統が異なる状態で業務が重複錯綜したほか,相互の権限の面でも対立する問題が生じた。そこでたび重なる調整の結果,39年の警防団令により消防組と防護団の組織をともに廃止し,〈警防団〉を組織して戦時体制を整えたが,以降は防空のほか火災や水災の面でも大きな役割を果たすことになった。第2次大戦後は防空業務がなくなったこともあって警防団の組織は自然に縮小し,47年の消防団令で廃止され,新たに民主的な〈消防団〉が誕生した。…

※「警防団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

警防団の関連情報