豊後大野市(読み)ぶんごおおの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「豊後大野市」の解説

豊後大野〔市〕
ぶんごおおの

大分県南西部,大野川の中・上流域に位置する市。南部の九州山地をはじめ周囲を山々に囲まれ,盆地状の地形をなす。瀬戸内海型気候に属し,年間を通じてほぼ温暖。 2005年朝地町,犬飼町,大野町,緒方町,三重町,清川村,千歳村の5町2村が合体し市制。大野川とその支流の豊富な水源を利用し農業が発展。江戸時代初期には,緒方上井路 (1645) ,緒方下井路 (1662) の二つの灌漑用水路が完成し水田が開かれ,岡藩穀倉地帯を形成した。北部は阿蘇溶岩の丘陵性台地が占め,畑作畜産,林業が主。中心市街地の三重は古くは日向街道の要地で,市場町宿場町としてにぎわった。市域には国の重要文化財で史跡の菅尾石仏など,貴重な石像遺物が多い。北東部は神角寺芹川県立自然公園,南部は祖母傾国定公園祖母傾県立自然公園に属する。 JR豊肥本線,国道 57号線,326号線,502号線などが交差。面積 603.14km2。人口 3万6584(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android