コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝地 あさじ

2件 の用語解説(朝地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝地
あさじ

大分県南西部,豊後大野市北西部の旧町域。大野川の上流域にある。 1954年上井田村と西大野村が合体,1955年町制。 2005年犬飼町,大野町,緒方町,三重町,清川村,千歳村と合体し,豊後大野市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝地
あさじ

大分県南部、大野郡にあった旧町名(朝地町(まち))。現在は豊後大野(ぶんごおおの)市の北西部にあたる地域。旧朝地町は1955年(昭和30)町制施行。2005年(平成17)三重(みえ)町、清川(きよかわ)村、緒方(おがた)町、大野(おおの)町、千歳(ちとせ)村、犬飼(いぬかい)町と合併して市制施行、豊後大野市となった。旧町名は中世大野庄志賀(しが)村の朝倉名(あさくらみょう)、近地名(ちかちみょう)の各一字をとる。JR豊肥(ほうひ)本線、国道57号、442号が通じる。中部は古生層と、これを覆う新第三紀火山岩類からなる大野山地、北部と南部は阿蘇(あそ)溶結凝灰岩の台地。農業が中心で、米、ウシ、シイタケ、カボス、タバコなどの複合経営をおもに行う。紅葉の名所の用作(ゆうじゃく)公園、室町時代の本堂(国指定重要文化財)をもつ神角寺(じんかくじ)、普光(ふこう)寺の磨崖仏(まがいぶつ)などの観光地がある。彫刻家朝倉文夫(ふみお)の生地。[兼子俊一]
『『大分県朝地町史』(1968・朝地町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝地の関連キーワード大分県豊後大野市大野町大原大分県豊後大野市大野町桑原大分県豊後大野市大野町澤田大分県豊後大野市大野町田代大分県豊後大野市大野町十時大分県豊後大野市大野町長畑大分県豊後大野市大野町夏足大分県豊後大野市大野町藤北大分県豊後大野市大野町矢田大分県豊後大野市緒方町下自在

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝地の関連情報