コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹此太夫 とよたけこのたゆう

世界大百科事典 第2版の解説

とよたけこのたゆう【豊竹此太夫】

義太夫節の太夫。(1)初世 豊竹筑前少掾の前名。(2)2世(1726‐96∥享保11‐寛政8) 初世の門人で,通称銭屋佐吉。豊竹八重太夫,時太夫を経て,1757年(宝暦7)2世を襲名。《質店》《合邦》《帯屋》にその風が残っているという。また《浄瑠璃節章揖》(1777)ほかの伝書も著している。なお此太夫の名跡は5世まで続いた。【井野辺 潔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone