コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木画 もくが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木画
もくが

奈良時代の代表的な木工品の装飾技法堅木や牙角,竹などの薄片木地象眼 (ぞうがん) して装飾文様としたものと,の全面や琴の一部などに,方形菱形板の紫檀桑木,牙角などを張り詰めた寄せ木細工とがある。「もくえ」ともいう。正倉院蔵の『木画紫檀双六局』『紫檀木画槽琵琶』や『沈香木画箱』 (東京国立博物館) などの著名な作例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もく‐が〔‐グワ〕【木画】

色や木目の違う木材象牙・竹などの細片を木地と同じ高さに象眼して図柄や文様を表したもので、主として中国の漢代から唐代、日本の奈良時代につくられたものをいう。もくえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木画【もくが】

木工芸の一技法。色の異なる牙,角,木,竹などの細片を木地に象嵌(ぞうがん)して絵文様や幾何学模様を表すものと,木地の木理を利用して,これを菱形などに組み合わせたものがある。
→関連項目寄木細工

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくが【木画】

一種の寄木象嵌(ぞうがん)で,正倉院の木工芸を特徴づける技法。2種の技法がある。一つは紫檀,黒檀鉄刀木(たがやさん),花櫚(かりん),黄楊(つげ)木,黒柿,象牙,青角(あおづの)(鹿角を染めたもの)など色の異なった素材(唐木を主体とする)を組み合わせて各種文様をあらわしたもので,これには,花鳥などの自由な絵画文と,市松(いちまつ)文,矢筈(やはず)文などの幾何文とがある。他の一つは木地の素朴な木理を利用して,これを菱形などに交互に組み合わせた木地木画である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もくが【木画】

工芸品や家具などの表面装飾法の一。木象眼を用いて絵のように文様を表したもの。もくえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木画
もくが

木工芸の加飾法の一つで、「もくえ」ともいう。技法には次の3種がある。(1)具象的模様を嵌装(がんそう)する法で、木地に模様の形を彫り込み、他の材をはめ込むもの。(2)象牙(ぞうげ)、角(つの)、木、竹などの細片を貼(は)り合わせて、矢羽根、石畳、矢筈(やはず)などの幾何学的細文を表したもので、ある程度の大きさの各材を貼り合わせて、小口に単位模様ないしその一部をつくり、これを象眼(ぞうがん)する厚さに適宜切断して用いる。(3)菱形(ひしがた)、方形などに切った薄板を器物の表面に貼って、菱繋(ひしつなぎ)や石畳などの幾何学的模様を表したもの。
 木画についての記録は、中国西漢の雑事を記した『西京雑記』の「木画屏風(びょうぶ)」、『唐六典(とうりくてん)』の「木画紫檀(したん)尺」などが古い。古代の遺例としてはエジプトのツタンカーメン王墓出土の木画箱がある。木画の技法はササン朝ペルシアから中国に伝えられ、唐代に発達した技法が日本に伝来したものとみられる。正倉院宝物や法隆寺献納宝物中に遺例があり、(1)の技法を用いた例としては琵琶(びわ)の背面、双六局(すごろくきょく)、碁盤、御物の箱など数例がある。(2)の例は界線文に多く使用され、(3)の技法によるものには沈香、黒柿(くろがき)、檳榔(びんろう)その他の薄板を貼った例がみられる。[荒川浩和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木画 (モッコク)

学名:Ternstroemia gymnantheria
植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

木画の関連キーワードフーチョウ(福州)特別市竹工芸(ちっこうげい)心理検査のいろいろ阪本曲斎(二代)油田 治雄木内 半古秋山 逸生宗観(2)大坂弘道秋山逸生百済河成水野年方油田治雄中川清司木内喜八画工司麒麟文作り仏工芸品木象眼

木画の関連情報