コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウ

世界大百科事典内のの言及

【団貌】より

…中国古代における公課徴収の前提となる集団的首実検。隋・唐の文献にこの語が現れ,貌は容貌の貌で首実検する意味の動詞にも用いる。隋・唐時代の公課である租庸調は丁男対象に賦課されたので,徴兵とともに丁男の把握が国家権力にとって必須であり,毎年県令みずから行うたてまえで,19,49,59歳の男子と79,89歳の男女を法定対象とするほか,中男と小男の一部も加えられ,姦欺の疑いある者はだれでも団貌に引き出された。…

※「貌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貌の関連キーワード作り立てる・造り立てるアルフレッド ケージン上荷差し・上荷差キキョウ(桔梗)快楽亭ブラックガーツ[山脈]西谷 勢之介六欲・六慾蟷螂・螳螂荒木田守訓君子の九思うちひさつガラテイア島崎 曙海石川 利光山根貞男下谷一番島崎曙海高知 聡吉村華泉

貌の関連情報