貝寄せ(読み)カイヨセ

大辞林 第三版の解説

かいよせ【貝寄せ】

〔貝を浜辺に吹き寄せる風の意〕
大阪四天王寺の聖霊会しようりようえ(もと陰暦2月20日)前後に吹く西風。 [季] 春。 《 -に乗りて帰郷の船疾し /中村草田男 》 〔聖霊会に供える造花の材料の貝を竜神が難波の浜に捧げるものと言い伝える〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝寄せ
かいよせ

陰暦2月20日前後に難波(なにわ)の浦に吹く西風。貝寄風とも書く。この西風で西方浄土から吹き寄せられた貝、もしくは竜神が聖徳太子に捧(ささ)げた貝は、集められて貝の華をつくり、2月(現在は4月)22日の天王寺(開基は聖徳太子)の聖霊会(しょうりょうえ)に捧げられる。このころに吹く冬の名残(なごり)の西風は、他の地方(三重、長崎など)でも「貝寄せ」といわれているが、長崎県ではなまって「キャーヨセ」という。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android