コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻島 かいがらじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝殻島
かいがらじま

北海道東部,根室半島東端の納沙布岬から東方約 3.4kmの海上にある小島。別称貝殻礁。長径約 100m,短径 60~70m。標高 2.5m。西は珸瑤瑁海峡(ごようまいかいきょう)に臨む。硬い礫岩火成岩で構成され,その上に灯台がある。1945年8月ソビエト連邦の占領下に置かれるまで,根室支庁花咲郡歯舞村 (はぼまいむら) に所属。島の周囲は優れたコンブ漁場のため,1963年より 1976年まで民間の日本=ソ連コンブ採取協定に基づいて,根室市歯舞地区の漁船 330隻が入漁料を納入して毎年コンブを採取していた。1977年日ソ漁業暫定協定締結後は入漁が中止されている。北方領土の一部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいがら‐じま〔かひがら‐〕【貝殻島】

歯舞群島西端の島。満潮時には水没するので国際法上は岩礁納沙布岬から3.7キロメートルの距離にあり、第二次大戦前に日本が建てた灯台が存する。大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

貝殻島

北海道根室市の歯舞群島を構成する島のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいがらじま【貝殻島】

北海道東部、歯舞諸島の島。根室半島とは珸瑶瑁ごようまい水道を隔てる。第二次大戦後はソ連(現ロシア連邦)の占領下にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕貝殻島(かいがらじま)


北海道根室(ねむろ)半島東端の納沙布(のさっぷ)岬の沖合約3.5kmに浮かぶ小島。北方領土の歯舞(はぼまい)群島の西端に位置する。ロシア名シグナーリヌイ島。最高所の標高2.5mの岩礁状の島。納沙布岬から目視できる貝殻島灯台は北方領土の象徴的存在。南東約3kmの萌茂尻(もえもしり)島を含めた一帯に貝殻浅瀬が広がる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝殻島
かいがらじま

北海道東部、根室(ねむろ)半島納沙布(のさっぷ)岬沖合い約3.7キロメートルにある小島。歯舞(はぼまい)群島中の一島で、もっとも根室半島に近い。納沙布岬との間は珸瑤瑁(ごようまい)水道によって隔てられる。南南東におどけ島、萌茂尻(もえもしり)島が一列に並んで3島の小列島を形づくり、定住者はないが、絶好のコンブ漁場をなす。根室支庁(現、根室振興局)管内の花咲郡歯舞村に属していたが、1959年(昭和34)根室市に編入された。しかし第二次世界大戦後は日本の施政権が及ばず、周辺の島々を含めた海域における漁業の安全操業問題が、長期間日本と旧ソ連との間の課題となってきた。1963年の大日本水産会と旧ソ連政府との取決め以来、貝殻島周辺のコンブ漁は一定期間の出漁が可能になった。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貝殻島の関連キーワード第31吉進丸銃撃拿捕事件北海道根室市日ロ漁業協定亀屋原 徳珸瑶瑁水道中間ライン珸瑶瑁海峡渡辺一夫歯舞諸島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貝殻島の関連情報