(読み)ヒン

デジタル大辞泉の解説

ひん【賓】

敬ってもてなすべき客人。また、訪れて来た人。
「仙宮の―と携はり」〈霊異記・上〉

ひん【賓】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヒン(呉)(漢) [訓]まろうど
大切に扱われる客。「賓客貴賓迎賓国賓主賓来賓
主に対するもの。「賓辞
[名のり]うら・つら
[難読]賓頭盧(びんずる)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひん【賓】

〘名〙
① うやまって応対すべき客人。来賓。また、おとずれて来る人。客。旅人。
※霊異記(810‐824)上「沖虚の外に飛び、仙宮の賓と携り」 〔書経‐康王之誥〕
② つき従うこと。また、そのもの。そえもの。
※空華日用工夫略集‐応安四年(1371)三月六日「名実之賓、所貴者実也」
※「明暗」論(1952)〈唐木順三〉一「自己本位に於ては自が主、他は賓であった」 〔国語‐楚語上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賓の関連情報