コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害賠償制度 こうがいばいしょうせいど

1件 の用語解説(公害賠償制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいばいしょうせいど【公害賠償制度】

 公害による被害は,水俣病等にみられるように,ときには生命を含む健康・身体への被害もあれば,主として農業・漁業・林業等の第1次産業に係る財産的被害,また一般住民の住宅への財産的被害などがある。さらに,広く自然や生態系への被害や,景観・文化などへの無形の被害も考えられる。しかし,これらに対する損害賠償が問題となるのは,特定の被害者を確定できる場合であり,さらに当該被害者に対する加害者が明らかな場合に限られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公害賠償制度の関連キーワード公害健康被害補償法水俣病救済特別措置法水俣病特措法水俣病被害者救済特別措置法水俣病の認定基準水俣病公式確認水俣病認定審査会認定審査会水俣病の救済策水俣病認定基準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone