コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢者ナータン けんじゃナータンNathan der Weise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賢者ナータン
けんじゃナータン
Nathan der Weise

ドイツの劇作家,批評家 G.E.レッシング詩劇。5幕。 1779年刊。作者の死後 83年にベルリンで初演。 12世紀末のエルサレムを舞台に,ユダヤ人ナータン,サラセン王,キリスト教徒の騎士などを登場させ,『デカメロン』に出てくる「三つの指輪」の挿話を用いて,ユダヤ,イスラム,キリストの3つの宗教相互の間に,愛と理解が必要であることを説いた哲学的詩劇。当時の啓蒙主義思想の寛容の倫理を具現した作品で,いずれの宗教にも属さず,自然の倫理に生きるナータンは,レッシングの友人の哲学者 M.メンデルスゾーンをモデルにしたもの。ナチス政権下では上演を禁止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんじゃナータン【賢者ナータン】

《原題、〈ドイツ〉Nathan der Weiseレッシング劇詩。5幕。1779年刊。ユダヤ人商人ナータンが、エルサレムのスルターンサラディンにより投げかけられた「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教のいずれが真の宗教か」という難問に対し、ボッカチオの「デカメロン」に由来する三つの指輪の挿話を用いて宗教的寛容を説く思想劇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

賢者ナータン【けんじゃナータン】

ドイツの啓蒙思想家レッシングの劇詩。《Nathan der Weise》。1779年作。ユダヤ教,キリスト教,イスラム教を代表する人物を登場させ,人間にとって問題なのは,どれが真の宗教かではなく,いかに実践するかであると説き,人類愛と寛容の精神を主張,独善的非寛容をきびしく批判している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんじゃナータン【賢者ナータン Nathan der Weise】

ドイツの啓蒙思想家レッシングによる5幕の劇詩。1779年発表。第3次十字軍(1189‐92)の和議が成立したエルサレムを舞台にとり,ユダヤの豪商,賢者ナータンとイスラム世界の名君サラディン(サラーフ・アッディーン)との問答(3幕7場)および旧約聖書ヨブを思わせるナータンの試練の物語(4幕7場)を二つの核として構成。あらゆる宗教の本質を神への絶対的な帰依と,隣人のための積極的な活動に求め,既成宗教の相対性とそれに伴う寛容の必然性を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賢者ナータン
けんじゃなーたん
Nathan der Weise

ドイツの啓蒙(けいもう)思想家レッシングが牧師ゲッツェとの論争を契機に執筆した5幕の劇詩。1779年刊。第三次十字軍遠征が終わった12世紀末のエルサレムで、富と知恵を兼備したユダヤ商人ナータンは、イスラム教の名君サラディンによる難問、「ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のいずれが真の宗教か?」に対し、真偽の識別がまったく不可能な三つの指輪のたとえ話(『デカメロン』に由来)を用いて、この問いの無意味さを説く。ナータンにとって唯一神への帰依と隣人愛の実践こそ正しい信仰の証(あかし)にほかならない。彼自身深刻な懐疑を理性によって克服し、この確信を得る。筋はナータンの養女とキリスト教の若い神殿騎士の恋をめぐって進行し、2人の兄妹関係、同時にまた、彼らとサラディンとの血縁関係が認知されて大団円となる。18世紀に流行の「まじめな喜劇」、とくに家庭劇を、寛容を教える思想劇にまで高めたこの作品は、今日の舞台でなお生きている。[南大路振一]
『篠田英雄訳『賢人ナータン』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賢者ナータンの言及

【ドイツ演劇】より

…《ハンブルク演劇論》は,劇評という枠を越えた実践的な理論的著作である。彼が晩年の傑作《賢者ナータン》を発表するころ,ゲーテ,レンツ,クリンガーなどの若い世代が,理性より感情の優位を主張する疾風怒濤(しつぷうどとう)(シュトゥルム・ウント・ドラング)の文学運動を開始した。劇作では,フランス古典主義演劇の形式を退けて,シェークスピアに範をとる多場面構成で,強烈な個性をもつ人物をもつ戯曲が求められた。…

【メンデルスゾーン】より

…いわゆる〈同化〉ユダヤ知識人第1号である。レッシングの盟友となり,彼の《賢者ナータン》のモデルともなった。ユダヤ人解放の先頭に立ち,ユダヤ人啓蒙のためのドイツ語教育学校を興し,同時にユダヤ伝統文化遺産の継承を重視してヘブライ語復興の〈ハスカラー(啓蒙)〉運動を東欧全域に広め,ユダヤ人近代化とドイツ文化の懸橋役を実践して〈近代ドイツ系ユダヤ人の父〉とも仰がれるが,この〈同化〉開拓の道は毀誉褒貶半ばする運命をたどる。…

【理神論】より

…ボルテールの標語として広く知られる〈破廉恥漢を押しつぶせ〉と〈もしも神が存在しないならば是非ともそれを作り上げねばならない〉という二つの言葉は,一方では偏狭で抑圧的なカトリック教会の迷信と,そして他方では破廉恥な無神論に対して彼がとった両面作戦の立場を明快に表している。ドイツではライマールスHermann Samuel Reimarus(1694‐1768)やレッシングの神学的著作,とりわけ後者の名作《賢者ナータン》の中の有名な三つの指輪の寓話の中で,宗教的祭祀の形式や教説の多様性にかかわらずすべての既成宗教が純粋な一つの神への帰依である事実がもっとも雄弁に物語られている。自由思想家【中野 好之】。…

※「賢者ナータン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賢者ナータンの関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)アルベルト バッセルマンサラーフ・アッディーンドイツ演劇