コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤池[町] あかいけ

百科事典マイペディアの解説

赤池[町]【あかいけ】

福岡県田川郡の旧町。平成筑豊鉄道の伊田線が通じる。明治中期以後筑豊炭田炭鉱町として急速に発展し,燃料用歴青炭を産したが,主力炭鉱の閉山により,一時人口急減した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかいけ【赤池[町]】

福岡県北部,田川郡の町。人口1万0023(1995)。北東部は福智山,鷹取山を境に直方市北九州市に接する。東部は山地,その他は丘陵が広く分布し,丘陵の中央部を遠賀川支流の彦山川が北西流する。1885年の明治炭鉱開発以来,炭鉱町として急速に発展した。遠賀川が舟運に利用されていた時代には,中元寺川の合流点にあたるため多数の川舟が集まって活況を呈した。しかし,1955年以後の石炭合理化政策により,経済の基盤であった赤池鉱が縮小・閉山に追い込まれ,人口の急減をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤池[町]の関連キーワード福岡県田川郡遠州七窯

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤池[町]の関連情報