自然銅(読み)しぜんどう(英語表記)copper

翻訳|copper

日本大百科全書(ニッポニカ)「自然銅」の解説

自然銅
しぜんどう
copper

金属元素鉱物の一つ。の鉱石鉱物となることがある。二次鉱物として銅鉱床の酸化帯中に産し、また礫岩(れきがん)の基質やある種の超塩基性岩や玄武岩、特殊な堆積(たいせき)岩、緑色岩、変成層状マンガン鉱床の鉱石(とくにブラウン鉱を含むもの)、ある種の熱水鉱脈鉱床中などに産し、ときに数百トンに及ぶ大塊をなす。自形は立方体、正八面体、斜方十二面体など。コケやシダ状、皮膜状をなすこともある。日本では秋田県協和町(現、大仙(だいせん)市協和)荒川鉱山(閉山)のものが有。英名は、中世に自然銅を含む鉱物(黄銅鉱)を多産したキプロスCyprus島に由来する。

[加藤 昭 2017年5月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「自然銅」の解説

自然銅【しぜんどう】

天然に産する金属銅。銅としてはまれな産状。含銅鉱液の還元で生じ,銅鉱床の酸化帯で樹枝状,粒状をなし,金属光沢,淡紅色を示す。等軸晶系,比重8.95,硬度2.5〜3,少量の銀,ヒ素,ビスマス,アンチモンなどを含む。米国スペリオル湖岸には世界でも珍しい自然銅の鉱山があり,玄武岩やレキ(礫)岩のすきまに,砂粒ぐらいのものから直径最大2mぐらいまでの銅のかたまりを産する。
→関連項目元素鉱物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「自然銅」の解説

しぜん‐どう【自然銅】

〘名〙 天然に産する銅。塊状・鱗状などで銅鉱床の酸化帯・蛇紋岩中などに産し、ふつうは表面が変色して黒・緑・褐色などを呈する。ときに少量の銀・鉄などを含む。じねんどう。〔五国対照兵語字書(1881)〕

じねん‐どう【自然銅】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自然銅の言及

【元素鉱物】より

…30種以上の元素鉱物が知られている。元素鉱物には,自然金Au,自然銀Ag,自然銅Cu,自然鉄Fe,自然ニッケル鉄(Ni,Fe),自然白金Pt,自然ルテニウムRu,イリドスミン(Os,Ir),オスミリジウム(Ir,Os)などの金属元素鉱物,自然ヒ(砒)(別名,自然ヒ素)As,自然アンチモンSb,アレモン鉱AsSb,自然ソウ鉛Bi,自然テルルTeなどの半金属元素鉱物,および自然硫黄S,グラファイトC,ダイヤモンドCの非金属元素鉱物の3亜類がある。自然金は,各種金銀鉱床(熱水鉱脈鉱床,接触交代鉱床)中におもに石英に伴われて産する。…

【銅】より


[存在]
 銅の鉱物は種類が多いが,大部分は硫化鉱であり,そのうち主要鉱物は黄銅鉱CuFeS2(Cu34.6%)である。自然銅としてはアメリカのスペリオル湖畔などに産するが,あまり多くない。採掘される銅の鉱石(粗鉱)には,銅の鉱物のほか,岩石や他の金属鉱物も数多く含まれ,鉱床の種類によって随伴する鉱物は異なる。…

※「自然銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android