コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カル

デジタル大辞泉の解説

かる【軽】

奈良県橿原(かしはら)市大軽(おおかる)付近の古地名。古代には交通の要地軽の市(いち)があった。

けい【軽】

軽自動車」の略。
(他の語の上について)
㋐一般的なものより軽いことを表す。「金属」「機関銃」
㋑程度が軽いことを表す。また、簡便・気軽であることを表す。「過失」「演劇」

けい【軽〔輕〕】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キン(唐) キョウ(キャウ)(呉) [訓]かるい かろやか
学習漢字]3年
〈ケイ〉
目方が少ない。「軽重(けいちょう)軽量軽工業
重苦しくない。かろやか。「軽快軽妙軽音楽
程度が小さい。「軽症軽食軽震軽微軽犯罪軽労働
かるがるしい。「軽率軽薄
かろんじる。見さげる。「軽視軽侮軽蔑(けいべつ)
〈かる(がる)〉「軽石軽業気軽手軽身軽
[名のり]かる・とし
[難読]軽衫(カルサン)剽軽(ひょうきん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

かる

?-? 江戸時代前期の女性。
赤穂四十七士の首領大石良雄が京都山科(やましな)に閑居したときの愛妾(あいしょう)。元禄(げんろく)15年(1702)大石が吉良邸討ち入りのため江戸へむかう朝,自害したとも,のち大石の娘を生んだともいわれる。山城(京都府)出身。名は「かや」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かる【軽】

奈良県橿原かしはら市大軽あたりの古地名。下ツ道と山田道が交わる交通の要所で市場が栄え、軽の市いちと呼ばれた。

けい【軽】

「軽自動車」の略。
(他の語の上に付いて)
重さが軽いことを表す。 「 -飛行機」
程度が軽いことを表す。 「 -過失」
▽↔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【畝傍山】より

…神武・安寧・懿徳(いとく)天皇の山陵も畝傍山の麓に所在すると伝承されていた。畝傍山の麓および南接する軽(かる)の地は,蘇我氏の本拠地の一つであり,畝傍家や石川宅,槻曲家(つきくまのいえ)等が所在していた。現在,西麓にある畝傍山口神社はかつて山頂にあった。…

※「軽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軽の関連キーワードガラパゴス自動車レプトクォークテリオスキッド赤穂四十七士ライトランチ軽レアアースライトオペラ軽トラックプロチウム軽自動車税早野勘平天飛ぶや情状酌量軽機関銃軽諾寡信豆タンクオプティ書生っぽ軽巡洋艦自動車税

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽の関連情報