コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コク

デジタル大辞泉の解説

こく【×轂】

車のこしき。車轂。
「―相撃ちては砕けぬべきをも覚えざるは」〈紅葉金色夜叉

こく【轂】[漢字項目]

[音]コク(呉)(漢) [訓]こしき
車輪の軸を受ける部分。こしき。「轂下(こっか)轂撃(こくげき)輦轂(れんこく)

こしき【×轂】

牛車(ぎっしゃ)などの車の輪の中央の太い部分で、放射状に差し込まれた輻(や)の集まっている所。その中心に車軸が通っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こしき【轂】

牛車などの車輪の中央にあって、輻が差し込んであるもの。中を車軸が貫いている。筒どう。こく。 〔新撰字鏡〕 → 牛車ぎつしや

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

轂の関連キーワード馬場佐十郎花廼屋蛙麿輻輳・輻湊無用の用新撰字鏡肩摩轂撃筒・胴推轂ハブ輻湊輻射輦轂轂撃轂下牛車輦下

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android