コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農奴制[ロシア] のうどせい[ロシア]krepostnoe pravo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農奴制[ロシア]
のうどせい[ロシア]
krepostnoe pravo

ロシアでは 11~12世紀までは,農民の大部分は自由で自治を享受していたといわれるが,13~15世紀の間に徐々に農奴化され,1497年と 1550年の法令によって「聖ユーリの日 (旧暦 11月 26日) 」の前後2週間以外には,農民がその土地から離れることが禁止されるようになり,さらに 81年にはイワン4世 (雷帝) によってこれも事実上廃止されてしまった。このような農民の土地への緊縛は 1649年の会議法典で確立し,次いで 1723年ピョートル1世 (大帝) によって奴隷 (ホロープ) と同様に農奴にも人頭税が課せられるようになり,それまでの農奴と奴隷の区別もなくなり,完全に不自由な農奴となった。 18世紀になるとこれら農奴は,(1) 国有地農民,(2) 王室領地農民,(3) 地主領農民,(4) 農奴占有工場農民の4つに区分されるようになった。 (3) の地主領農民は最も悲惨で,家族と切り離されたり土地と別に売買されたり,さらに地主の一方的意志で軍隊にやられたり,シベリアへ流されたりした。このような農民はときとして地主や政府に対して一揆を起したが,なかでも 17~18世紀の I.I.ボロトニコフ,ステンカ・ラージン,E.I.プガチョーフの乱が有名である。 19世紀に入ると農民を家族から切り離して売ったり,土地をつけないで競売にしたりすることが禁じられ,また 1842年の法令で地主に金を支払って解放される者も出てきたが,農奴の悲惨な状態は 61年の農奴解放令発布まで基本的には大きく変ることがなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android