コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農政本論 のうせいほんろん

世界大百科事典 第2版の解説

のうせいほんろん【農政本論】

江戸後期の農業・財政の困窮を救うために行われるべき農業政策・制度を記した書。佐藤信淵が1829‐32年(文政12‐天保3)に筆記,薩摩藩の重臣猪飼氏に奉呈した。初中後の3編,各編は上中下3巻より成る。〈百姓は国家の根本,農業は政事の基源〉という趣意のもと,農政の歴史,田租,小物成賦役のあり方,検見の心得,天災への救助法,農民の心得,富商の田産収奪の禁を内容とする。《日本経済大典》19巻所収。【塚谷 晃弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農政本論
のうせいほんろん

江戸時代の農政書。佐藤信淵(のぶひろ)が1829年(文政12)に薩摩(さつま)藩の重臣猪飼(いかい)央のために筆記奉呈したもので、刊行は1871年(明治4)である。佐藤家5代の農政学の総合と自称されたもので、初編はわが国農政の沿革に始まり、わが国古来の田制(でんせい)の大要を述べて検地に及び、中編では主として貢租、夫役(ぶやく)について論じ、後編では手代(てだい)、検見(けみ)、歩刈(ぶかり)法、年貢収納法、万民率育(ばんみんそついく)法並(ならびに)祭礼法などについて記している。そのなかで農政を明らかにし、富農による土地兼併を百姓困窮の一因とみ、万民の困窮を救って永久に国家の富盛をいたすべき方策を論じ、百姓をして農事を楽しませるには神事を愉快にするにあると論じていることは本書の大きな特徴である。『佐藤信淵家学全集』中巻、『日本経済大典』第19巻所収。[三橋時雄]
『大西伍一著『日本老農傳』(1933・平凡社) ▽滝本誠一著『日本経済典籍考』(1928・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

農政本論の関連キーワード佐藤信淵・佐藤信渕堕胎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android