農業保険(読み)ノウギョウホケン

百科事典マイペディアの解説

農業保険【のうぎょうほけん】

農作物や家畜,蚕繭などの損害に対する保険。自然災害を受けやすい農業の保険には国の補助が必要である。戦前農業保険法(1938年),家畜保険法(1929年)を統合した農業災害補償法による救済制度がある。今日では農業共済と呼ぶ。広義には森林火災保険を含む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業保険
のうぎょうほけん

農業生産に関して生ずる災害による損害を填補(てんぽ)する保険。日本では、第二次世界大戦後、農地改革によって生み出された自作農の保護育成策の一環として、1947年(昭和22)に、戦前からあった家畜保険法と農業保険法とが廃止統合、整備されて農業災害補償法が制定され、この法律に基づく共済事業が実質的に農業保険となっている。[金子卓治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のうぎょう‐ほけん ノウゲフ‥【農業保険】

〘名〙 農業生産の災害に関する損害保険洪水干害、虫霜害などで農業経営に損害を受けたとき、その補償を目的とするもの。日本では昭和四年(一九二九)の家畜保険法、同一三年の農業保険法によって定められたが、同二二年制定の農業災害補償法がこれに代わった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業保険の関連情報