コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆髪 サカガミ

デジタル大辞泉の解説

さか‐がみ【逆髪】


逆立った頭髪。
髪を逆立てた化け物。
「―と見ゆるは風の柳かな/吉林」〈毛吹草
謡曲「蝉丸(せみまる)」の主人公である狂女の名。また、謡曲蝉丸」のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逆髪 さかがみ

謡曲や浄瑠璃(じょうるり)の「蝉丸(せみまる)」に登場する女性。
世阿弥(ぜあみ)の謡曲では,醍醐(だいご)天皇の第3皇女で,盲目の皇子蝉丸の姉。生まれながらに髪がさかだち異形だったため,逆髪とよばれた。のち近松門左衛門の浄瑠璃に登場。歌舞伎の「蝉丸物」の多くには,男性に転じて「逆髪皇子」として登場する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかがみ【逆髪】

虚構の人名。醍醐天皇の第3皇女で,蟬丸の姉宮。生まれながら髪が空に向かって逆立っている異形の女性。逆髪を名とする人物は,謡曲《蟬丸》以前には見当たらない。しかし,謡曲作者の創作ではなく,中世以前に逢坂(おうさか)山周辺に伝承されていた口承説話にもとづいたのではないかと考えられる。盲目の蟬丸が逢坂山の藁屋で琵琶を弾じているところへ,姉宮で,逆髪の業のゆえに遺棄されて放浪する逆髪が立ち寄り,薄幸の姉弟がつかのまの奇遇を喜び,なぐさめあい,なごりを惜しみつつ立ち去るというのが,謡曲《蟬丸》の物語である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さかがみ【逆髪】

逆立った頭髪。 「白髪は乱れ-の/謡曲・歌占」
○ 能「蟬丸せみまる」のシテの名。錯乱して髪の逆立った皇女。蟬丸の姉。
頭髪が逆立った化け物。髪を乱した化け物。 「 -と見ゆるは風の柳哉/毛吹草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逆髪の関連キーワード蝉丸(歌人)9月24日富岡多恵子蝉丸(能)蝉丸・蟬丸蔵王権現世阿弥逆髪祭両仕手大黒天化け物吉林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆髪の関連情報