コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透化 とうかvitrification

翻訳|vitrification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透化
とうか
vitrification

融解物を急冷して過冷却状態にすると,ガラス状の無定形物質になること。ガラス,などはその例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうか【透化 vitrification】

結晶性の物質を溶融し,それを急冷して結晶が析出しないように過冷却の状態にすること。結晶質のケイ石,長石,ホウ砂,粘土,蛍石,酸化スズなどを溶融・混合し,冷却して無定形ガラス質を得る過程はこの例であり,ショ糖やグリセリンなど有機物質にもみられる。【井口 洋夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうか【透化】

( 名 ) スル
結晶性の物質を、結晶が析出しないように過冷却状態にして無定形のガラス質を生成すること。釉うわぐすり・ガラスなどに行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透化
とうか
vitrification

融成物(メルト)や混合溶液を冷却するときに、一種の過冷却状態として結晶をつくらせないようにすると、ガラス質の固相が生成する。これを透化またはガラス化という。エナメルや釉(ゆう)ガラスなどはこのようにして生じたガラス質固体の典型である。このようにして生じたガラス質は透明であるがエネルギー的には不安定であり、長時間放置すると結晶質に転位することもある。地中に放置されたガラス(古代ガラス)が風化して、銀色や金色の遊色を示すのは、部分的に結晶化が進んでいることを意味する。なお、このようにしてガラス質の固体がふたたび結晶化することを失透devitrificationという。失透は加熱するとおこりやすくなり、古くなったガラス管を加熱して細工しようとするおりなどによくみられる。失透したガラスはきわめてもろくなる。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

透化の関連キーワード植物ウイルス病上浅海帯硬度

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android