連雀(読み)れんじゃく

  • 連×雀

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行商人の一種で,遠距離を連雀で商品を背負って売り歩いた。連雀は「連尺」「連索」「連著」とも書き,行商人がたくさんの小間物を入れた箱などのを背にくくりつけて背負うときの紐または具,その背負い方をいう。室町~戦国時代に特に盛んであった。城下町には,彼らの集る連雀町,連雀小路があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① レンジャク科レンジャク属に属する鳥の総称。日本には秋渡来するキレンジャクとヒレンジャクとがみられる。大きさはツグミ大で、翼と尾に鮮明な赤または黄色部があって美しく、頭頂に冠羽をもつ。このほか北アメリカにやや小形のヒメレンジャクがあり、三種とも北半球の亜寒帯針葉樹林で主として繁殖し、木の実を主食とする。《季・秋》 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② むらがる雀。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連雀の言及

【振売】より

…店舗を構えたり一定の場所で商売するのでなく,呼売して行商すること,またはその商人をいう。連著,連雀(れんじやく)などともいう。また振売は,特権的営業権を認められた座商人の座売に対する自由かってな商い,すなわち脇売を指すこともあり,立売とも呼ばれ,禁じられる場合もあった。…

【連雀商人】より

…中世から近世にかけて木製の枠形の背負道具に商いの荷をくくりつけて背負い,行商をして歩いた商人。のちには行商人のことを連雀と称するようになった。連雀とは日本に渡来する小鳥の名で,左右の翼にそれぞれ1本ずつ長い羽があり,それがたれ下がっていて,一見荷を背負う枠形に似ているところがあって,枠形を連雀とよぶようになったものと考えられる。…

※「連雀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連雀の関連情報