過塩素酸アンモニウム(読み)かえんそさんアンモニウム(英語表記)ammonium perchlorate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過塩素酸アンモニウム
かえんそさんアンモニウム
ammonium perchlorate

化学式 NH4ClO4 。無色結晶で,加熱により分解。比重 1.95 。水,メチルアルコールに可溶。過塩素酸塩爆薬の主成分で,ケイ素鉄,木粉,ワセリンを加えて爆発力,安全性を増して,おもに土木工事用に使われる。そのほか,ジェット,ロケット用発射薬として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過塩素酸アンモニウム
かえんそさんあんもにうむ
ammonium perchlorate

過塩素酸のアンモニウム塩。過塩素酸ナトリウムと硫酸アンモニウムあるいは塩化アンモニウムなどとの複分解によってつくられる。また、過塩素酸水溶液にアンモニアを通じ、蒸発濃縮して結晶化する方法もある。
 無色の結晶、240℃で立方晶系に変わる。真空中で加熱すると150℃で分解し始め、約400℃で発火する。水によく溶け、アルコール、アセトンにも多少溶ける。用途としては、日本で工業化した過塩素酸爆薬(カーリット)の主原料がおもなものである。近年では、ロケットモーターの固体燃料の一つであるコンポジット推進薬の酸化剤としても用いられるようになっている。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android