コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠賀[町] おんが

百科事典マイペディアの解説

遠賀[町]【おんが】

福岡県北部,遠賀川下流の遠賀郡の町。鹿児島本線が通じる。干拓地が広がる水田地帯をなすが,北九州工業地帯の発展にともない,兼業化が進んでいる。近年は住宅地化が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんが【遠賀[町]】

福岡県北部,遠賀郡の町。人口1万8999(1995)。遠賀川下流の西岸に位置し,西端部に南北に走る低い山地があるほかは大部分が遠賀川の沖積平野からなる。低湿な平地は古くは遠賀潟と称する入江であったが,干潟の埋積や永年の干拓事業によって現在の耕地が形成された。鹿児島本線,国道3号線が中央部を東西に走り,北九州市に近く交通至便のため,第2次世界大戦前から北九州工業地帯への通勤者が多く,近年は特にベッドタウン化が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報