遷宮・遷座(読み)せんぐう・せんざ

百科事典マイペディアの解説

遷宮・遷座【せんぐう・せんざ】

神社で新宮を造営して神霊を移す行事。造営に当たって本殿から権殿仮殿)に奉遷するのを仮遷宮(下遷宮),権殿から新宮へ帰座するのを正(しょう)遷宮という。伊勢・住吉・鹿島・香取などの諸社では,古くから20年ごとに遷宮。その他賀茂・春日・出雲・阿蘇・諏訪・貫前(ぬきさき)などの諸社でもある時期ごとに遷宮を行う。これらを式年遷宮という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android