選る(読み)ヨル

デジタル大辞泉「選る」の解説

よ・る【選る/択る】

[動ラ五(四)]《「える」の音変化》複数の中から目的基準にあったものを取り出す。えらぶ。「気に入ったのを―・る」
[可能]よれる
[類語]より分ける選ぶすぐるふる選択する取捨する選定する選考する選別するセレクトするピックアップする選び出す選び取る選り出す選出する取捨選択二者択一選り取り見取り抽出

すぐ・る【選る】

[動ラ五(四)]
多くの中からすぐれたものを選び出す。えりぬく。「優秀な選手を―・る」
く。しごく。「わらを―・る」
[類語]選ぶふる選択する取捨する選定する選考する選別するセレクトするピックアップするより分ける選び出す選び取る選り出す選出する取捨選択二者択一選り取り見取り抽出

え・る【選る/択る】

[動ラ五(四)]選び取る。選ぶ。よる。「よいものだけを―・る」
[類語]選ぶふる選択する取捨する選定する選考する選別するセレクトするピックアップするより分けるすぐる選び出す選び取る選り出す選出する取捨選択二者択一選り取り見取り抽出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android