コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選る/択る(読み)エル

デジタル大辞泉の解説

え・る【選る/択る】

[動ラ五(四)]選び取る。選ぶ。よる。「よいものだけを―・る」

すぐ・る【選る】

[動ラ五(四)]
多くの中からすぐれたものを選び出す。えりぬく。「優秀な選手を―・る」
扱(こ)く。しごく。「わらを―・る」

よ・る【選る/択る】

[動ラ五(四)]《「える」の音変化》複数の中から目的基準にあったものを取り出す。えらぶ。「気に入ったのを―・る」
[可能]よれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

える【選る】

( 動五[四] )
いくつかの中から基準に合うものをとり分ける。良いものを取り上げる意にも悪いものを除く意にも用いる。現代では他の語と複合して用いることが多い。 「 - ・りすぐる」 「かたちよき限り-・りていだされて/枕草子 221」 「塵ヲ-・ル/日葡」

すぐる【選る】

( 動五[四] )
多くのものの中から選び出す。えりぬく。 「精鋭を-・る」 「えらび-・りたる上手/宇津保 吹上・下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android