コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選ぶ/択ぶ エラブ

デジタル大辞泉の解説

えら・ぶ【選ぶ/択ぶ】

[動バ五(四)]
多くの中から目的や基準にかなうものを取り出す。選択する。よる。えらむ。「贈り物を―・ぶ」「すぐれた作品を―・ぶ」「フォアボールを―・ぶ」
抜き出してその職に任ずる。選び出す。「議長に―・ばれる」
(あとに打消しの語を伴って用いる)区別する。えり好みする。「目的のためには手段を―・ばない」
(「撰ぶ」とも書く)著作を集めて書物を作る。撰する。「歌集を―・ぶ」
[可能]えらべる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

選ぶ/択ぶの関連キーワード名を捨てて実を取る生は難く死は易し華を去り実に就くシューフィッターマミートラックフォアボールセレクション何れにしても易きに付く選りに選る易きにつくセレクター予備選挙チョイス三者択一地方選挙二者択一ああした見計らう無作為

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android