コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部屋住 へやずみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部屋住
へやずみ

成人となっても家長に養われ,その監督下にある男子,またその境遇をいう。一般的には,嫡男であっても家督を相続しない間は部屋住であるが,この言葉は法制上家督を相続できず,一家の主人となるには他家養子に行くか分家する以外に方法のなかった長子相続制のもとでの次男以下をさす。主として武家町人の間の用語であるが,農民の間ではオジ,オンジイなどと称し,生涯結婚も許されず,長兄のもとで働き続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

部屋住
へやずみ

成人に達しても一家の主人になれず、なお家長の監督を受ける男子。古く公家(くげ)、武家では曹司住(ぞうしずみ)ともいった。これには2種あり、その一は嫡男でまだ家督相続を受けない者、その二は次男以下で分家・独立せず親や兄の家にとどまる者をさした。鎌倉末期以降、武家の間に長男子単独相続が発達すると、次男以下は生涯親や兄の扶養を受けて一室で暮らす者が増え、その風潮は江戸時代には町人や農民の間にも及んだ。東北地方の大農経営の家などでは家族労力を結集すべく、オジ、オンジなどとよばれる次男以下をいつまでも家にとどめて働かせる風があった。これらの人々が部屋住の冷遇から脱出することはむずかしく、婿養子になるか、都会に出稼ぎに行くかぐらいしか方法はなかった。[竹田 旦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

部屋住の関連キーワード井伊大老茶道談奥田貞右衛門赤穂浪士一覧小笠原長行御方御所本多忠刻本多勝行曹司住み伊勢崎藩部屋住み御番入り仏洲仙英浄土真宗大農経営細川重賢杉田玄端村山たか井伊直弼秋月種樹岩瀬忠震

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android