酸化コバルト(読み)サンカコバルト

デジタル大辞泉の解説

さんか‐コバルト〔サンクワ‐〕【酸化コバルト】

コバルト酸化物酸化コバルト(Ⅱ)CoOは青緑色の粉末。等軸晶系。水素、炭素とともに加熱すると金属コバルトに還元される。磁性材料の原料、磁器やガラスの着色剤に用いる。酸化二コバルト(Ⅲ)コバルト(Ⅱ)Co3O4は黒色の結晶。等軸晶系。加熱により酸化コバルト(Ⅱ)になり、四酸化三コバルト四三酸化コバルトともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんかコバルト【酸化コバルト cobalt oxide】

酸化数IIおよびIIIのコバルトの酸化物と,両方のコバルトを含む酸化物が知られている。
[酸化コバルト(II)]
 化学式CoO。コバルトを空気中で約900℃以上に加熱するか,あるいはコバルト(II)の硝酸塩などを空気を断って加熱して分解すると得られる。灰緑色粉末。比重5.7~6.7。水素,炭素などと加熱すると容易に還元されて金属コバルトになる。酸に可溶。陶磁器,ガラスの着色剤などに用いられる。
[酸化コバルト(III)]
 化学式Co2O3

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化コバルト
さんかこばると
cobalt oxide

コバルトと酸素の化合物で、次の組成のものが知られている。
(1)酸化コバルト() 一酸化コバルトともいう。製法によって黄・褐・黒・灰緑色などの違いがあり、比重にもある程度の幅がある。炭酸コバルトを空気を断って加熱すると、理想的組成に近い淡灰緑色の結晶が得られる。塩化ナトリウム型構造で、室温で反強磁性体である。空気中で安定であるが、酸に溶ける。
(2)酸化二コバルト()コバルト() 化学式Co3O4、式量240.8。四酸化三コバルトともいう。酸化コバルト()を酸素中427℃に熱すると得られる立方晶系の黒色の結晶。正スピネル構造をとるが、自発磁化をもたない。水には不溶だが酸には徐々に溶ける。950℃以上に熱すると酸化コバルト()になる。なお、酸化コバルト()Co2O3の組成に相当する化合物の存在は確認されていない。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android