コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化コバルト サンカコバルト

3件 の用語解説(酸化コバルトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんか‐コバルト〔サンクワ‐〕【酸化コバルト】

コバルトの酸化物。酸化コバルト(Ⅱ)CoOは青緑色の粉末。等軸晶系。水素、炭素とともに加熱すると金属コバルトに還元される。磁性材料の原料、磁器やガラスの着色剤に用いる。酸化二コバルト(Ⅲ)コバルト(Ⅱ)Co3O4は黒色の結晶。等軸晶系。加熱により酸化コバルト(Ⅱ)になり、四酸化三コバルト四三酸化コバルトともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんかコバルト【酸化コバルト cobalt oxide】

酸化数IIおよびIIIのコバルトの酸化物と,両方のコバルトを含む酸化物が知られている。
[酸化コバルト(II)]
 化学式CoO。コバルトを空気中で約900℃以上に加熱するか,あるいはコバルト(II)の硝酸塩などを空気を断って加熱して分解すると得られる。灰緑色粉末。比重5.7~6.7。水素,炭素などと加熱すると容易に還元されて金属コバルトになる。酸に可溶。陶磁器,ガラスの着色剤などに用いられる。
[酸化コバルト(III)]
 化学式Co2O3

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化コバルト
さんかこばると
cobalt oxide

コバルトと酸素の化合物で、次の組成のものが知られている。
(1)酸化コバルト() 一酸化コバルトともいう。製法によって黄・褐・黒・灰緑色などの違いがあり、比重にもある程度の幅がある。炭酸コバルトを空気を断って加熱すると、理想的組成に近い淡灰緑色の結晶が得られる。塩化ナトリウム型構造で、室温で反強磁性体である。空気中で安定であるが、酸に溶ける。
(2)酸化二コバルト()コバルト() 化学式Co3O4、式量240.8。四酸化三コバルトともいう。酸化コバルト()を酸素中427℃に熱すると得られる立方晶系の黒色の結晶。正スピネル構造をとるが、自発磁化をもたない。水には不溶だが酸には徐々に溶ける。950℃以上に熱すると酸化コバルト()になる。なお、酸化コバルト()Co2O3の組成に相当する化合物の存在は確認されていない。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化コバルトの関連キーワード酸化鉄酸化ニッケル酸化マンガン酸性酸化物水酸化クロム水酸化コバルト水酸化鉄酸化レニウムフッ化コバルト(弗化コバルト)酸化コバルト(III)コバルト(II)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化コバルトの関連情報