酸化・還元(読み)さんかかんげん

世界大百科事典 第2版の解説

さんかかんげん【酸化・還元】

狭義の定義として,物質が酸素と結合することを酸化oxidationといい,酸化物が酸素を失うことを還元reductionという。たとえば,銅Cuを空気中で加熱すると, 2Cu+O2―→2CuOの反応をして酸化銅CuOとなる。ここで,銅は酸化されたという。また,酸化銅を水素中で加熱すると, CuO+H2―→Cu+H2Oの反応を起こして,酸化銅は酸素を失って銅を単離する。これを銅が還元されたといっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android