コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化・還元 さんかかんげん

世界大百科事典 第2版の解説

さんかかんげん【酸化・還元】

狭義の定義として,物質が酸素と結合することを酸化oxidationといい,酸化物が酸素を失うことを還元reductionという。たとえば,銅Cuを空気中で加熱すると, 2Cu+O2―→2CuOの反応をして酸化銅CuOとなる。ここで,銅は酸化されたという。また,酸化銅を水素中で加熱すると, CuO+H2―→Cu+H2Oの反応を起こして,酸化銅は酸素を失って銅を単離する。これを銅が還元されたといっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

酸化・還元の関連キーワードエレクトロクロミックディスプレーラクトペルオキシダーゼオキシドレダクターゼインドフェノールデヒドロゲナーゼレドックス電位オキシゲナーゼフラビン蛋白質メチレンブルーフラビン酵素オキシダーゼ酸化還元電位グルタチオン化学線量計チトクロムセミキノンレドックス脱水素酵素電子伝達系ヨウ素滴定