コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采覧異言 さいらんいげん

4件 の用語解説(采覧異言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

采覧異言
さいらんいげん

新井白石著。5巻。正徳3 (1713) 年成稿,加筆ののち享保 10 (25) 年完成。西川如見の『華夷通商考』に次ぐ古い世界地理書で,風俗についても記述している。江戸滞在中のオランダ人から聞きただしてまとめたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいらんいげん【采覧異言】

世界地誌。5巻。新井白石著。正徳3年(1713)成立。イタリア宣教師シドッチへの尋問や、オランダ人からの聴取をもとに、中国の地理書を参照して著したもので、地理・風俗・産物・政治など海外事情を詳細に解説する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいらんいげん【采覧異言】

地理書。五巻。新井白石著。1713年成立、25年改訂完了。耶蘇会宣教師ヨハン=シドッチを尋問して得た知識をもとに、マテオ=リッチ(利瑪竇)の「坤輿こんよ万国全図」などを参考にして、当時の世界の地理・歴史・風俗・産物などを記述したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

采覧異言
さいらんいげん

新井白石(あらいはくせき)の著書。ひとまず1713年(正徳3)に成ったが、完成は1725年(享保10)。7代将軍徳川家継(いえつぐ)に献上したもので、「異言(外国の言語風俗)を采(と)り覧(み)る」の語の示すように、海外事情を将軍に認識してもらうために書いた漢文体の作品。そのきっかけは、1708年(宝永5)屋久(やく)島(鹿児島県)に潜入上陸したイタリア人宣教師シドッチの取調べにあたったこと、その後江戸へやってきたオランダ商館長らと会談したことにあり、両方からヨーロッパをはじめ全世界の地理、風俗、物産、政治情勢などを聞き取った結果、この書物が生まれた。本書は『西洋紀聞』と違い、多くの知識人に筆写され広く読まれたことから、江戸末期に至るまで最高の世界地理書として権威をもち、ジュリオ・アレーニ(中国名艾儒略(がいじゅりゃく))の地誌『職方外紀(しょくほうがいき)』と並んで知識人の間で広く読まれ、絶大な影響を与えた。構成は、巻1欧羅巴(エウロパ)、巻2利未亜(リビヤ)(アフリカ)、巻3亜細亜(アジア)、巻4南亜墨利加(ソイデアメリカ)、巻5北亜墨利加(ノオルトアメリカ)となっている。『新井白石全集 第4巻』所収。[宮崎道生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

采覧異言の関連キーワード海国図志諸蕃志島夷誌略西遊録輿地誌略世界地理書地方志《漢唐地理書鈔》《コスモス》(地理書)《地理書》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone