采覧異言(読み)さいらんいげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

采覧異言
さいらんいげん

新井白石著。5巻。正徳3 (1713) 年成稿,加筆ののち享保 10 (25) 年完成。西川如見の『華夷通商考』に次ぐ古い世界地理書で,風俗についても記述している。江戸滞在中のオランダ人から聞きただしてまとめたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいらんいげん【采覧異言】

世界地誌。5巻。新井白石著。正徳3年(1713)成立。イタリアの宣教師シドッチへの尋問や、オランダ人からの聴取をもとに、中国の地理書を参照して著したもので、地理・風俗・産物・政治など海外事情を詳細に解説する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいらんいげん【采覧異言】

地理書。五巻。新井白石著。1713年成立、25年改訂完了。耶蘇会宣教師ヨハン=シドッチを尋問して得た知識をもとに、マテオ=リッチ(利瑪竇)の「坤輿こんよ万国全図」などを参考にして、当時の世界の地理・歴史・風俗・産物などを記述したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

采覧異言
さいらんいげん

新井白石(あらいはくせき)の著書。ひとまず1713年(正徳3)に成ったが、完成は1725年(享保10)。7代将軍徳川家継(いえつぐ)に献上したもので、「異言(外国の言語風俗)を采(と)り覧(み)る」の語の示すように、海外事情を将軍に認識してもらうために書いた漢文体の作品。そのきっかけは、1708年(宝永5)屋久(やく)島(鹿児島県)に潜入上陸したイタリア人宣教師シドッチの取調べにあたったこと、その後江戸へやってきたオランダ商館長らと会談したことにあり、両方からヨーロッパをはじめ全世界の地理、風俗、物産、政治情勢などを聞き取った結果、この書物が生まれた。本書は『西洋紀聞』と違い、多くの知識人に筆写され広く読まれたことから、江戸末期に至るまで最高の世界地理書として権威をもち、ジュリオ・アレーニ(中国名艾儒略(がいじゅりゃく))の地誌『職方外紀(しょくほうがいき)』と並んで知識人の間で広く読まれ、絶大な影響を与えた。構成は、巻1欧羅巴(エウロパ)、巻2利未亜(リビヤ)(アフリカ)、巻3亜細亜(アジア)、巻4南亜墨利加(ソイデアメリカ)、巻5北亜墨利加(ノオルトアメリカ)となっている。『新井白石全集 第4巻』所収。[宮崎道生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいらんいげん【采覧異言】

江戸中期の地誌。五巻。新井白石著。正徳三年(一七一三)成立、享保一〇年(一七二五)改訂完了。ヨーロッパ・アフリカ・アジア・南北アメリカの地理・歴史・風俗・産物などについて江戸在留中のオランダ人などの外国人に尋ね、マテオ=リッチの「坤輿万国全図」、ブラウの「世界図」などを参照して記した書。徳川家宣の命により鎖国下の限られた資料と知識で可能な限り正確に世界事情を調べたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android