コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華夷通商考 かいつうしょうこう

6件 の用語解説(華夷通商考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華夷通商考
かいつうしょうこう

江戸時代前期,中国をはじめ諸外国の位置,風土,人口,産物,風俗などを記した海外一般地誌。上下2巻。長崎通詞,天文学者西川如見著。オランダ人との接触によって得られた外国事情に関する知識によって書かれ,元禄8 (1695) 年刊行,さらに宝永5 (1708) 年に訂正増補されて5巻が刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいつうしょうこう〔クワイツウシヤウカウ〕【華夷通商考】

江戸中期の地理書。2巻。西川如見著。元禄8年(1695)刊。宝永5年(1708)訂正増補版5巻刊。主として通商の立場から外国の地誌を記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

華夷通商考【かいつうしょうこう】

日本最初の本格的外国地理書。西川如見(じょけん)著。5巻。1695年刊。著者がオランダ人との接触を通じて得た海外事情を叙述。中国,朝鮮,その他アジア諸国から南洋,西欧にいたる国々の風土,産物等を記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいつうしょうこう【華夷通商考】

江戸時代最初の本格的な世界地理書。長崎の西川如見著。1695年(元禄8)初版2巻,1708年(宝永5)増補版5巻を刊行。中国を主とするアジア諸国やオランダ以下西洋諸国について,位置・風土・産物などを通商の見地から記述した。初版は大通事林道栄の秘書《異国風土記》が原本であるらしく,如見はこれを草稿の無断出版だといい,増補版を定本としている。《日本経済大典》等に所収。【有坂 隆道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいつうしょうこう【華夷通商考】

地理書。西川如見著。二巻。1695年刊。1708年増補本五巻。中国および諸外国の地誌を通商の立場から書いた本。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華夷通商考
かいつうしょうこう

日本最初の世界商業地誌。西川如見(じょけん)の著。2巻。1695年(元禄8)京都で刊行。中華15省を上巻に扱い、朝鮮や琉球(りゅうきゅう)、台湾、呂宋(ルソン)などアジア諸国に続いてオランダはじめ外夷(がいい)の国までを下巻に収め、日本からの道程、位置、気候、人口、風俗、物産などを記述、通商上の参考に供しようとしたもの。実は、長崎通詞(つうじ)林道栄の秘書『異国風土記(ふどき)』(1688年筆記)が種本である。1708年(宝永5)如見は、アメリカなどの記事を艾儒略(がいじゅりゃく)の『職方外紀』から邦訳して補充、五巻本として刊行した。[石山 洋]
『鮎沢信太郎著『鎖国時代の世界地理学』(1943・日大堂書店) ▽『増補華夷通商考』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の華夷通商考の言及

【世界地理書】より

…なお江戸初期以来長く日本人の世界地理の基礎となったのは,明末清初の中国に在留した耶蘇会士マテオ・リッチ(利瑪竇(りまとう))の《坤輿(こんよ)万国全図》とその地誌的記載,アレーニGiulio Aleni(艾儒略(がいじゆりやく))の《職方外紀》,フェルビースト(南懐仁)の《坤輿外紀》などである。鎖国後,海外通交時代の遺産であり総括ともいうべき長崎の西川如見の《華夷通商考》(1695,増補1708)が出現した。海外諸国への道程や物産,風土などを記した商業世界地理書で,海外知識の普及に大きく貢献した。…

【南蛮寺興廃記】より

…作者不詳。作者および成立年代不明の反キリシタンの俗説書《切支丹根元記》の大略を述べたもので,荒唐無稽な南蛮のキリシタン国等の世界地理は,1695年(元禄8)に西川如見が著した《華夷通商考》によって書き改められた。本書は江戸時代の知識人等の多く利用するところとなり,また実録風の民衆教化の書として大いに流布した。…

※「華夷通商考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

華夷通商考の関連キーワード蝦夷志采覧異言エゲレス前哨戦輿地誌略崎陽MiG内田橋水世界地理書《地理書》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone