重力波天文学(読み)じゅうりょくはてんもんがく(英語表記)gravitational wave astronomy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重力波天文学
じゅうりょくはてんもんがく
gravitational wave astronomy

宇宙を光の速さで伝わる重力波をとらえ、観測する天文学。重力波は、アインシュタインの相対性理論から予言される非常に微弱な波であり、直接観測できた例はない。1994年(平成6)、文部省(現文部科学省)宇宙科学研究所(2003年10月、宇宙開発事業団、航空宇宙技術研究所と統合し、独立行政法人、宇宙航空研究開発機構となる)に世界最大の重力波天文台「天鼓100」が完成したが、これで超新星の爆発や中性子星どうしの衝突で放射される重力波を観測できるのではないかと期待されている。「天鼓100」は、真空状態にした長さ100メートルのパイプ2本をL字型に直交させ、その両端に鏡をつけてレーザー光を約100回往復させる。重力波がやってくると、レーザー光が往復する一方のパイプの長さはわずかに伸び、他方はわずかに縮むので、この差を検出する。アメリカやヨーロッパでも新しい重力波天文台建設の計画があり、宇宙の起源や進化の研究が大きく進むと考えられる。[広瀬立成]
『藤本眞克著『重力波天文学への招待』(1994・日本放送出版協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょくは‐てんもんがく〔ヂユウリヨクハ‐〕【重力波天文学】

連星中性子星連星ブラックホールの合体などによって発生する重力波を直接観測し、宇宙の進化や構造などを探ろうという天文学の新分野。重力波が伝播する際に生じる極めてわずかな空間の伸縮を重力波望遠鏡によって捉える。可視光や電波などの電磁波を用いる従来の天文学と異なり、重力の発生源そのものの質量角運動量などの物理量を正確に決定できるという利点がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重力波天文学の関連情報