天青石(読み)てんせいせき(英語表記)celestite

翻訳|celestite

世界大百科事典 第2版の解説

てんせいせき【天青石 celesite】

化学成分SrSO4の鉱物。重晶石族に属し,金属ストロンチウムの重要な鉱石。斜方晶系。重晶石に似て(001)に平行な厚い板状結晶やa軸またはb軸方向にのびた柱状結晶として産する。{001}に完全な,{210}に良好なへき開を有する。モース硬度3~3.5,比重4.0。ガラス光沢を示し,ふつう無色,淡青色,白,赤,緑,褐色。名前は空色を呈することに由来する。石灰岩,砂岩などの堆積岩中や熱水鉱脈中に産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天青石
てんせいせき
celestite

ストロンチアン石とともにもっとも普通に産するストロンチウム(Sr)の鉱物。石灰岩あるいは石灰質堆積(たいせき)岩中に団塊をなし、低温熱水鉱床、黒鉱鉱床、噴気性鉱床中に産する。自形は斜方板状のものが多い。重晶石とは同構造で外観上類似するが比重が小さい。日本では島根県簸川(ひかわ)郡大社(たいしゃ)町(現、出雲(いずも)市)鵜峠(うど)鉱山(閉山)の黒鉱鉱床に伴われる石膏(せっこう)鉱石中に細脈をなして産したほか、福島県郡山(こおりやま)市安積(あさか)鉱山(閉山)からも同様の産状で産した。ここでは含Sr硬石膏の加水産物として生成された石膏と共存する。また高知県佐川町では、石灰岩の採掘場でストロンチアン石に伴う少量の産出例が知られる。英名は、天体を意味するラテン語caelestisに由来する。和名は、本鉱が空色であることによる。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天青石の言及

【ストロンチウム】より

…天然に存在する量はカルシウムよりはるかに少ない。ストロンチウム鉱物も上記のストロンチアン石のほか,天青石(硫酸ストロンチウムSrSO4を主成分とする)がおもなものであるが,他のアルカリ土類金属の鉱物中にも少量ずつ含まれて産出する。金属は塩化ストロンチウムSrCl2をそのままか,あるいは塩化ナトリウムを加えて融解して電気分解するか,酸化ストロンチウムSrOをアルミニウムで還元して得られる。…

【ストロンチウム鉱物】より

…ストロンチウムを含む鉱物の総称。代表的な鉱物として天青石とストロンチアン石strontianiteがあり,それぞれストロンチウムの原料鉱物である。いずれも比重の大きいこと(3.6~4.0)が特徴である。…

※「天青石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android