野沢温泉[村](読み)のざわおんせん

世界大百科事典 第2版「野沢温泉[村]」の解説

のざわおんせん【野沢温泉[村]】

長野県北東部,下高井郡の村。人口4828(1995)。千曲川下流南岸,毛無山(1650m)の北麓に位置し,その東側を奥志賀林道が縦断する。中心の野沢には行基によって発見されたと伝える野沢温泉(単純硫化水素泉,42~92℃)があり,湯治場として発達した。集落内には,大湯,の手洗湯,赤湯など湯仲間によって管理された12の共同浴場があり,麻釜(おがま)と呼ばれる湯畑もある。また,近代的な入浴法の指導などを行うクアハウスもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android