コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢温泉[村] のざわおんせん

世界大百科事典 第2版の解説

のざわおんせん【野沢温泉[村]】

長野県北東部,下高井郡の村。人口4828(1995)。千曲川下流南岸,毛無山(1650m)の北麓に位置し,その東側を奥志賀林道が縦断する。中心の野沢には行基によって発見されたと伝える野沢温泉(単純硫化水素泉,42~92℃)があり,湯治場として発達した。集落内には,大湯,熊の手洗湯,赤湯など湯仲間によって管理された12の共同浴場があり,麻釜(おがま)と呼ばれる湯畑もある。また,近代的な入浴法の指導などを行うクアハウスもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

野沢温泉[村]の関連キーワード蕭道成高帝蕭道成温故伝承館太祖[斉]荒崎水害訴訟石油天然ガス・金属鉱物資源機構笠松競馬セーチェーニ山ラックマウント型サーバー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android