コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金関丈夫 かなせきたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金関丈夫
かなせきたけお

[生]1897.2.18. 香川
[没]1983.2.27. 奈良
人類学者。京都大学医学部を卒業後,解剖学教室で人類学を研究し,「琉球人の人類学的研究」で医学博士となる。 1936年台北帝国大学医学部教授となり,台湾山地人の人類学的調査を行なった。 50年九州大学医学部教授となり,九州および南西諸島住民の人類学的調査を行い,その成果を『人類学研究』全7巻にまとめた。また 53~57年山口県豊北町の土井ヶ浜遺跡の発掘調査に従事し,出土した弥生時代人骨の研究によって,この時代に朝鮮半島から,縄文時代人よりも身長が高く,顔が面長な人々が渡来してきていたことを実証した。主著に『日本民族の起源』 (1976) ,『形質人類誌』 (78) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金関丈夫【かなぜきたけお】

人類学者,解剖学者。香川県に生まれる。京都帝国大学医学部卒業。同解剖学教室助手,助教授を経て,台北帝国大学教授。1941年,国分直一,池田敏雄らと《民俗台湾》を創刊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金関丈夫 かなせき-たけお

1897-1983 昭和時代の人類学者,解剖学者。
明治30年2月18日生まれ。九大,鳥取大などの教授をつとめ,のち手塚山(てづかやま)学院大教授となる。弥生(やよい)遺跡出土人骨を研究して日本人渡来説を主張。昭和53年朝日賞受賞。昭和58年2月27日死去。86歳。香川県出身。京都帝大卒。筆名は山中源二郎。著作に「木馬と石牛」「日本民族の起源」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の金関丈夫の言及

【縄文文化】より

…同じく縄文時代以来の形質的変化によって,弥生人,古墳時代人を経て現代日本人になったとしながらも,その原因は混血ではなく,生活様式の変化が筋肉や骨の変化を惹起したとする長谷部言人の原日本人説がある。その後,金関丈夫は中国地方の弥生時代初期の人骨にみられる身長の高い一群に注目し,それが朝鮮半島からの渡来者集団ではないかと指摘した。このように縄文人自体の形質的変化とともに混血要素が加わって現代日本人が形成されてきたとみるべきであろう。…

【日本人】より

…〈移行説〉といわれるものである。金関丈夫は,北部九州および山口地方において多数の弥生人骨を発掘して調査したが,佐賀県三津遺跡および山口県土井ヶ浜遺跡から出土した弥生人骨はその代表的なものである。1966年,金関は,北部九州,山口地方の弥生人は,縄文人,古墳時代人と異なり,長身,高顔で,縄文人→弥生人→古墳時代人という連続性がみられず,弥生人は縄文人から古墳時代人への移行型とはみなしがたく,外来要素によってもたらされたものであろうと解釈した。…

※「金関丈夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金関丈夫の関連キーワード日本人(人類学)昭和時代広田遺跡金関寿夫御領貝塚人類学天稚彦

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金関丈夫の関連情報