コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金関丈夫 かなせきたけお

3件 の用語解説(金関丈夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金関丈夫
かなせきたけお

[生]1897.2.18. 香川
[没]1983.2.27. 奈良
人類学者。京都大学医学部を卒業後,解剖学教室で人類学を研究し,「琉球人の人類学的研究」で医学博士となる。 1936年台北帝国大学医学部教授となり,台湾山地人の人類学的調査を行なった。 50年九州大学医学部教授となり,九州および南西諸島住民の人類学的調査を行い,その成果を『人類学研究』全7巻にまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金関丈夫【かなぜきたけお】

人類学者,解剖学者。香川県に生まれる。京都帝国大学医学部卒業。同解剖学教室助手,助教授を経て,台北帝国大学教授。1941年,国分直一池田敏雄らと《民俗台湾》を創刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金関丈夫 かなせき-たけお

1897-1983 昭和時代の人類学者,解剖学者。
明治30年2月18日生まれ。九大,鳥取大などの教授をつとめ,のち手塚山(てづかやま)学院大教授となる。弥生(やよい)遺跡出土人骨を研究して日本人渡来説を主張。昭和53年朝日賞受賞。昭和58年2月27日死去。86歳。香川県出身。京都帝大卒。筆名は山中源二郎。著作に「木馬と石牛」「日本民族の起源」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の金関丈夫の言及

【縄文文化】より

…同じく縄文時代以来の形質的変化によって,弥生人,古墳時代人を経て現代日本人になったとしながらも,その原因は混血ではなく,生活様式の変化が筋肉や骨の変化を惹起したとする長谷部言人の原日本人説がある。その後,金関丈夫は中国地方の弥生時代初期の人骨にみられる身長の高い一群に注目し,それが朝鮮半島からの渡来者集団ではないかと指摘した。このように縄文人自体の形質的変化とともに混血要素が加わって現代日本人が形成されてきたとみるべきであろう。…

【日本人】より

…〈移行説〉といわれるものである。金関丈夫は,北部九州および山口地方において多数の弥生人骨を発掘して調査したが,佐賀県三津遺跡および山口県土井ヶ浜遺跡から出土した弥生人骨はその代表的なものである。1966年,金関は,北部九州,山口地方の弥生人は,縄文人,古墳時代人と異なり,長身,高顔で,縄文人→弥生人→古墳時代人という連続性がみられず,弥生人は縄文人から古墳時代人への移行型とはみなしがたく,外来要素によってもたらされたものであろうと解釈した。…

※「金関丈夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金関丈夫の関連キーワード村上得明小田無庵階乗没・歿勃・歿・没三角数香川〈町〉香川竹甫Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金関丈夫の関連情報