コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井ヶ浜遺跡 どいがはまいせき

5件 の用語解説(土井ヶ浜遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土井ヶ浜遺跡
どいがはまいせき

山口県下関市北西部の砂丘上にある遺跡。弥生時代中期~古墳時代前期のもので,200体以上の弥生時代の人骨が発見され,地点により男女の性別比が異なること,さまざまな埋葬施設があること,抜歯の多いこと,貝製装身具が発見されることなど,多くの点で注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土井ヶ浜遺跡【どいがはまいせき】

山口県下関市豊北町,響灘に面する砂丘地帯に位置する弥生時代前期〜中期にかけての集団墓地遺跡で,国の史跡。1931年発見,その後幾度にもわたって発掘調査が行われ,様々な形態で埋葬された人骨が数多く発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どいがはまいせき【土井ヶ浜遺跡】

山口県豊浦郡豊北町神田上にある弥生時代前期および中期の墓地遺跡。国指定史跡。響灘沿岸の海岸平野に位置し,海岸線と直角方向に形成された風成砂丘上にある。1953‐57年に発掘調査が行われ,80年以降も続行されている。今日までに出土した人骨は222体を数え,そのほとんどが前期に属している。遺骸は直接砂中に葬られたものが多く,なかには頭辺に屛風状に石を立てたもの,四隅に礫を配したもの,石囲いや箱式石棺中に葬られたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

どいがはまいせき【土井ヶ浜遺跡】


山口県下関市豊北町にある墓地跡。響(ひびき)灘の土井ヶ丘近くの砂丘にある、弥生時代前期から中期にかけての集団墓地遺跡。1953年(昭和28)から1957年(昭和32)にわたって一部地域が発掘調査され、200体余の人骨が発見された。人骨が多数発見されたことは人類学上貴重で、また当時の埋葬習俗を知るうえでも重要として、1962年(昭和37)に国の史跡に指定された。発見された埋葬施設は、石を四隅に配したもの、石で囲ったもの、組み合わせ式箱形石棺、施設もなく掘った穴に砂をかけただけのものなどに分類される。2体以上が一緒に埋葬されているもの、頭骨のみが並べられているもの、また、石鏃(せきぞく)・サメ歯の鏃(やじり)が射込まれた状態で埋葬されたものなども発見された。副葬品には、硬玉製勾玉(まがたま)、碧玉(へきぎょく)岩製管玉(くだたま)、貝製小玉、ガラス製小玉、貝製腕輪、貝製指輪などの装身具のほか、弥生土器なども出土した。これまでに保存状態の良好な人骨が300体以上出土している。人骨が出土した状態で保存された土井ヶ浜ドームと、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムがある。JR山陰本線長門二見駅からブルーライン交通バス「土井ヶ浜」下車、徒歩約3分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土井ヶ浜遺跡
どいがはまいせき

山口県下関市豊北(ほうほく)町神田上(かんだかみ)に所在する弥生(やよい)時代の墓地の遺跡。響灘(ひびきなだ)沿岸の小平野中央に、海岸線とは直角方向に風成砂丘が形成されており、遺跡は狭長な砂丘の稜線(りょうせん)沿いに広がっている。範囲は1万平方メートル内外と推定される。1953~56年(昭和28~31)、80~85年の二期10次にわたる発掘調査の結果、240体余の弥生前期末から中期に属する人骨が出土した。前期の墓域は東寄りに、中期のそれは西寄りにある。人骨の多くは仰臥屈葬(ぎょうがくっそう)の形跡をとどめているが、仰臥伸展葬、俯臥(ふが)屈葬例も若干ある。埋葬施設を伴わず、砂中に埋められたもの、四隅に礫(れき)を配するもの、少数ながら、石囲いや箱式石棺(はこしきせっかん)に葬られたものもある。遺体の着装した碧玉(へきぎょく)製管玉(くだたま)、貝製腕輪、指輪などの装身具もみいだされている。これらの遺体は、弥生前・中期の集団墓の実態を示すとともに、その長身・高顔の形式的特徴は、弥生時代人種論の資料としても重要視されている。1962年国史跡に指定。93年(平成5)には「土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム」が開館した。[金関 恕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土井ヶ浜遺跡の言及

【鵜飼い】より

…鵜祭はこの古式を伝える神事ではないかと思われる。考古学遺物としては,山口県豊浦郡土井ヶ浜遺跡の弥生時代の集団墓地で出土した207体の人骨中に,1体だけウミウを抱いた女性人骨が発見されており,ウミウがなんらかの霊性を仮託されていた事実を示唆している。
【中国の鵜飼い】
 中国では,鵜はペリカンのことであって,鸕鷀(ろじ)がウに相当する。…

【山口[県]】より

…北は日本海に面して大陸に近く,南は瀬戸内海をひかえ,関門海峡を隔てて,古代文化の先進地北九州と相対しており,早くから大陸・九州と中央とを結ぶ交通上の要衝であった。弥生時代人骨を出土した土井ヶ浜遺跡,西日本最大級の弥生時代集落址として有名な綾羅木郷(あやらぎごう)遺跡の存在も,この地域の文化が先進的であったことを示している。《日本書紀》に見える仲哀天皇の穴門豊浦(あなととよら)宮は,大和朝廷による九州経略の基地となったところで,下関市長府の忌宮(いみのみや)神社境内がその故地と伝えられている。…

※「土井ヶ浜遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土井ヶ浜遺跡の関連キーワード山口県下関市豊前田町山口県下関市豊北町阿川山口県下関市豊北町粟野山口県下関市豊北町神田山口県下関市豊北町神田上山口県下関市豊北町北宇賀山口県下関市豊北町滝部山口県下関市豊北町田耕山口県下関市豊北町角島山口県下関市豊北町矢玉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone