コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄明礬石 てつみょうばんせきjarosite

2件 の用語解説(鉄明礬石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄明礬石
てつみょうばんせき
jarosite

六方晶系,明礬石族の鉱物。 KFe3(SO4)2(OH)6 。硬度 2.5~3.5,比重 2.9~3.26。扁平な鱗片状や粉末塊状,黄色。硫酸酸性の温泉沈殿の鉱層をつくるか,酸化帯に褐鉄鉱とともに産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄明礬石
てつみょうばんせき
jarosite

各種起源の硫化鉄鉱物の分解産物として産し、また堆積(たいせき)岩の表面に着生するほか、温泉作用など熱水変質産物としても生成される二次鉱物。まれにある種の熱水鉱脈鉱床の空隙(くうげき)に産する。外観は多く土状あるいは皮膜状であるが、熱水鉱脈中のものは六角板状あるいは立方体に近い菱面体の自形をもつことがある。鉄明礬石を含む明礬石族鉱物は成分変化に富み、銅、鉄、亜鉛、鉛、銀、タリウム、ヒ素、モリブデンなどを含みうるので、鉱床酸化帯のものを定性分析すれば、どのような元素が濃集されたかを知ることができるともいわれている。群馬県草津(くさつ)町では各所に変質産物として産し、長野県茅野(ちの)市諏訪(すわ)鉄山や秋田県鳥海山(ちょうかいさん)周辺では一時鉄鉱石として採掘された。また最近の火星探査でも、その表面に存在していることが確認された。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉄明礬石の関連キーワード黒雲母

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone