コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄火みそ(鉄火味噌) てっかみそ

1件 の用語解説(鉄火みそ(鉄火味噌)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てっかみそ【鉄火みそ(鉄火味噌)】

なめみその一種。いったダイズ,刻みゴボウなどを油でいため,赤みそに砂糖,トウガラシを加えたところへ入れて練り上げたもの。トウガラシの辛さを鉄火場(てつかば)(ばくち場)のスリルにたとえた名かとも思われる。江戸の庶民が愛好したもののようで,《守貞漫稿》は,平日用のみそにゴボウ,ショウガ,トウガラシ,するめなどを加え,ゴマ油でいりつめるとし,〈なめもの屋〉で売っているとつけ加えている。なめものとは,なめみそ,塩辛,ひしおなどの総称であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄火みそ(鉄火味噌)の関連キーワード径山寺味噌鉄火味噌金糸牛蒡桜味噌鯛味噌嘗め味噌ゴボウアザミ嘗味噌赤出汁/赤出し嘗物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone