コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鏡 れいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴鏡
れいきょう

周縁に4~10個のをつけた日本製の青銅鏡古墳時代後期のもので,鏡背の文様には同時代の青銅鏡にみられる変形の獣形文や唐草化した文様などが施されている。分布北九州から東北地方にまで及ぶが,特に関東中部地方に多い。鈴鏡を腰に下げた巫女のような埴輪が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐きょう〔‐キヤウ〕【鈴鏡】

周縁に4個から10個の小鈴をつけた銅鏡。5~6世紀の日本独自のもので、巫女(みこ)の埴輪(はにわ)に、これを腰につけたものがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいきょう【鈴鏡】

古墳時代の仿製鏡(ぼうせいきよう)の一種。円盤形で,背面を図像文様で飾り,その中央に半球形の(ちゆう)をそなえる点では,他の仿製鏡と同じであるが,周縁に球形に近い鈴が突出付加された形状となったもので,本来鏡のもった映像反射機能をほとんど失って音響発振具と化した,鏡としては日本独自のものである。鈴部分は,鏡本体部分と同一の鋳型で同時に鋳造したもので,別に製作した鈴を本体に接合したものではない。鈴の内部には通常小石粒をいれて丸(がん)としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れいきょう【鈴鏡】

外縁に四個から一〇個の鈴をつけた仿製ぼうせい漢式鏡。日本独自のもので、後期古墳から出土。関東・中部地方に多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴鏡
れいきょう

周縁に鈴がついた(ぼうせい)鏡で、古墳時代、5世紀に製作された日本特有の鏡。鈴数は10鈴から4鈴まであるが、9鈴はなく6種類。五鈴鏡と六鈴鏡が多い。裏面の図像文様からすると、鈴をもたない通常の製鏡と同一地域、おそらく近畿地方の製品とみてよいが、出土品は東国に多い。鈴鏡の製作された時期になると、鏡を墳墓に副葬する習俗が東国以外ではしだいに衰退していったことによるのであろう。腰に鈴鏡をつけた、いわゆる巫女埴輪(みこはにわ)にうかがえるように、この時代の鏡が呪具(じゅぐ)であったことを示す典型といえよう。[田中 琢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鈴鏡の言及

【仿製鏡】より

…しかしさらに進んで,中国鏡の原則から明らかに逸脱したものがある。鈴鏡(れいきよう)である。本来光の反射具であった鏡の,円盤形の周囲に鈴をつけた鈴鏡は,音響を発する道具であり,埴輪の巫女の腰部に着装されているところからみれば,呪術具であったといえよう。…

※「鈴鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴鏡の関連キーワード和田山上島古墳漢式鏡東国外縁出土

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android