コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌ヶ谷[市] かまがや

2件 の用語解説(鎌ヶ谷[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鎌ヶ谷[市]【かまがや】

千葉県北西部,下総(しもうさ)台地上にある市。1971年市制。中心市街は近世の木下(きおろし)街道の宿場町。ナシ,野菜を産し,施設園芸観光農園への切り替えも進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かまがや【鎌ヶ谷[市]】

千葉県北西部,両総台地の分水界をしめる市。1971年市制。人口9万9694(1995)。近世は江戸幕府の馬牧小金五牧のうち中野牧が置かれ,明治初期に東京からの移民が初富(はつとみ)を開拓した。市域の南北を貫く木下(きおろし)街道は生(なま)街道ともいい,銚子からの鮮魚を江戸,行徳に運ぶ輸送路であり,近世には鎌ヶ谷宿が置かれた。1923年北総鉄道(現,東武鉄道),49年新京成電鉄,91年北総開発鉄道が開通し,沿線の各駅前に商店街が形成され,東武鉄道鎌ヶ谷駅付近が中心街をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鎌ヶ谷[市]の関連キーワード薩摩半島下総台地常総台地習志野野田常陸台地両総用水白井分水界長門山地

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone