コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌先温泉 かまさきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌先温泉
かまさきおんせん

宮城県南部,白石市にある温泉。不忘山 (1705m) の東麓,阿武隈川支流沿いに位置する。泉質は食塩泉。泉温は約 40℃。室町時代に発見され,湯治場として発展した。現在は不忘山の登山基地。弥治郎こけしの産地。東方 5kmを東北自動車道が通り,白石インターチェンジがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌先温泉
かまさきおんせん

宮城県南部、白石(しろいし)市北西部にある温泉。中世に鎌の先で発見したという伝説からこの名があり、奥州の薬湯として農民の湯治場であった。泉質は塩化物泉。不忘山(ふぼうざん)の登山基地で、付近に伝統こけしをつくる弥治郎(やじろう)の集落がある。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎌先温泉の関連情報