コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長じゅばん(長襦袢) ながじゅばん

1件 の用語解説(長じゅばん(長襦袢)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながじゅばん【長じゅばん(長襦袢)】

肌じゅばんと長着の間に着る対丈(ついたけ),広袖のじゅばん江戸時代半じゅばんから下着の多様化によって長じゅばんが生まれたが,武家では明治まで長じゅばんは着なかった。襟芯と半襟をかけて用い,長着の汚れを防ぎ姿を整える役目をする。形は男女とも通し襟があるが,女性には別襟と衽(おくみ)状の竪襟のついた長じゅばんが着やすい。上物は表裏同じ生地の無双袖,共(ともぶき)に仕立てる。冬用には袷(あわせ)があるが,普通は袖だけ袷にし身ごろは単(ひとえ)仕立てが主。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の長じゅばん(長襦袢)の言及

【じゅばん(襦袢)】より

…和装用の下着。肌に直接つける肌じゅばん(肌着)と,肌着と長じゅばんの中間的存在の半じゅばん,対丈(ついたけ),広袖で肌じゅばんと長着の間に着る長じゅばんがある。漢字の襦は肌着,袢は半身衣の意味があり,ポルトガル語のgibãoが語源ともいわれている。…

※「長じゅばん(長襦袢)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長じゅばん(長襦袢)の関連キーワード襦袢竹ジュバン対丈長ジュバン肉ジュバンプッシュバント汗ジュバン網ジュバン袷ジュバン肌ジュバン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone