コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長じゅばん(長襦袢)(読み)ながじゅばん

世界大百科事典 第2版の解説

ながじゅばん【長じゅばん(長襦袢)】

肌じゅばんと長着の間に着る対丈(ついたけ),広袖のじゅばん。江戸時代の半じゅばんから下着の多様化によって長じゅばんが生まれたが,武家では明治まで長じゅばんは着なかった。襟芯と半襟をかけて用い,長着の汚れを防ぎ姿を整える役目をする。形は男女とも通し襟があるが,女性には別襟と衽(おくみ)状の竪襟のついた長じゅばんが着やすい。上物は表裏同じ生地の無双袖,共(ともぶき)に仕立てる。冬用には袷(あわせ)があるが,普通は袖だけ袷にし身ごろは単(ひとえ)仕立てが主。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長じゅばん(長襦袢)の言及

【じゅばん(襦袢)】より

…和装用の下着。肌に直接つける肌じゅばん(肌着)と,肌着と長じゅばんの中間的存在の半じゅばん,対丈(ついたけ),広袖で肌じゅばんと長着の間に着る長じゅばんがある。漢字の襦は肌着,袢は半身衣の意味があり,ポルトガル語のgibãoが語源ともいわれている。…

※「長じゅばん(長襦袢)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android