コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスリン muslin

翻訳|muslin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスリン
muslin

梳毛 (そもう) 糸を平織斜文織にした柔らかい薄地毛織物。もとイラク北西部のモースル (マウシル) で製織された薄い平織綿織物であったが,のちにフランス,イギリスなどで羊毛糸を使った平織物をモスリンと呼ぶようになった。これが明治初期に日本に輸入され,一般にメリンス唐縮緬 (ちりめん) といわれ,和服地として普及。明治末期に国産化され,日本の毛織物として輸出,さらに綿糸で織った新モス (綿モス) や,スフモス,化繊モスなども生産され輸出されたが,現在は生産されていない。白地,無地のほか,友禅染捺染模様などが多く,従来は女性,子供のきもの,帯,下着として盛んに用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モスリン

メリンス,唐縮緬(ちりめん)とも。平織の薄地の梳毛(そもう)織物で,明治初期フランスから輸入され和服地として広まった。柔軟で暖かく,色無地,友禅染などにして着物の裏地,長襦袢(じゅばん),子どもの着物,ふとんなどにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モスリン【muslin】

JIS繊維用語では〈たて,よこ糸に紡績単糸を使用した平,または斜文織の柔軟な織物〉と説明されているが,代表的なものは細い梳毛(そもう)単糸を平織にした柔らかい薄地の毛織物である。〈モスリン〉の語源はイラクの都市モースルに由来し,この地で織られた薄地の綿織物にモスリンの名が付された。インドとくにダッカ(現,バングラデシュ)のモスリンは,金銀糸を用いたきらびやかな薄地綿織物で,ヨーロッパで高く評価され多量に輸出されたが,産業革命期のイギリスはランカシャー綿工業を保護するためダッカの織工を抑圧し,インドの在来綿業を壊滅させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスリン
もすりん
muslin

元来、木綿の薄手のものをいうが、日本ではメリンスとか唐縮緬(とうちりめん)、また略して「とうち」などともいわれた薄い毛織物で、おもに女性の衣料として用いられた。明治初期、イギリスから生地(きじ)が輸入され、まもなく、これに友禅染めを施したものが普及した。その後1897年(明治30)ごろから日本でも生地の製織が行われ、着尺(きじゃく)、帯地、下着、ふとんなどの用に供された。綿製の綿モス、新モスなどもあった。一時はネルやセルなどとともに女性の普段着としてかなり広い需要層をもっていたが、虫のつきやすいことなどから、しだいに用いられることが少なくなり、今日ではほとんどみられなくなった。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモスリンの言及

【毛織物】より

…フクリンは一段と優れたという形容にも使われ,〈傾城にふくりんかけた御奉公〉(《柳多留》)などの川柳も生まれた。 幕末から明治前期にかけて,薄地でしなやかで精緻なうえにきわめて安価な平織羊毛布地のモスリンがラシャの2倍以上も輸入され,これを唐縮緬(とうちりめん)と呼んで着物や帯や袴(はかま)の布地として広く愛用された。関西や業界では古くからモスリンと呼んでいたが,明治30年代から関東ではメリンスと呼んだ。…

【織工】より

…エジプトからの亜麻織物,インドからの綿織物,ビザンティン,イラン,中国からの絹織物の技術の摂取がなければ,アッバース朝(750‐1258)時代の手工業において,他のどの分野をもはるかにしのいだ織物業の発展はなかったであろう。また,十字軍をきっかけにした東西交流の活発化のなかでバグダードの錦織,ダマスク織(どんす織),モスリン織(メリンス),木綿の栽培がヨーロッパに伝わることもなかったであろう。とくにダマスク織,モスリン織は,当時の織物の中心地であったダマスクス,モースルの名を冠してよばれたものである。…

※「モスリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モスリンの関連キーワード田村駒治郎(初代)トランスペアレント群馬県館林市城町松岡修造(1)モスリン織り友禅モスリン菊池 長四郎岡島 千代造シュミゼット服綸・幅綸片岡 春吉神戸 挙一蓼沼 丈吉細井和喜蔵大橋 緑葉シースルー堀川新三郎マドゥライ綿モスリン岡島千代造

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モスリンの関連情報