コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎鼻 ながさきばな

5件 の用語解説(長崎鼻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎鼻
ながさきばな

鹿児島県南部,薩摩半島南東端の岬。指宿市に属する。東シナ海に突出し,北緯 31°9′に位置する。西方の開聞岳から南東の佐多岬まで眺望に優れ,付近には亜熱帯植物園や温泉もあり,観光地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐ばな【長崎鼻】

鹿児島県南部、薩摩(さつま)半島南東端の東シナ海に突出した岬。指宿(いぶすき)市に属する。西側の平坦地では草花の栽培が盛ん。ソテツが自生し、特別天然記念物に指定。開聞(かいもん)岳の眺望がよく、種子島屋久(やく)島も遠望できる。霧島(きりしま)錦江湾国立公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長崎鼻【ながさきばな】

鹿児島県薩摩半島南東端の岬。指宿市に属する。開聞岳佐多岬薩南諸島を望む景勝地で,先端に灯台と竜宮神社があり,霧島錦江湾国立公園に含まれる。
→関連項目山川[町]山川[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきばな【長崎鼻】

鹿児島県薩摩半島最南端の岬。揖宿(いぶすき)郡山川町に属する。火山岩が浸食されて奇観を呈し,磯にはサンゴ類がみられる。先端に灯台と竜宮神社,岬の基部に開聞(かいもん)温泉があり,竜宮神社付近のソテツ自生地は特別天然記念物。開聞岳大隅半島突端の佐多岬,竹島や硫黄島,さらに種子島屋久島まで展望でき,霧島屋久国立公園に含まれる。付近の台地はサツマイモ畑に利用されている。【服部 信彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕長崎鼻(ながさきばな)


鹿児島県の薩摩(さつま)半島南端の岬。東シナ海に長く延びる岩礁は指宿(いぶすき)カルデラの外輪山の一部という。薩摩長崎鼻灯台がある。霧島屋久(きりしまやく)国立公園に属し、指宿温泉郷を中心とする観光ルートの一環をなす。西に「薩摩富士」の別称がある開聞(かいもん)岳の麗姿、南南東にはるか大隅(おおすみ)半島南端の佐多(さた)岬を望む。竜宮(りゅうぐう)神社付近にはソテツが自生し、「鹿児島県のソテツ自生地」として国指定の特別天然記念物となっている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎鼻の関連情報